2017/02/06
2017/01/29
2016/12/08
2016/11/22
2016/11/08
2016/11/04
2016/10/05
2016/07/27
2016/06/27
2016/03/28

        

トランプナショナルゴルフクラブ(ロサンゼルス)

category - 北米
2017/ 02/ 06
                 
トランプ大統領が誕生するとは思いもしなかった昨年、ロサンゼルスに住む弟の家に遊びに行った時にトランプナショナルゴルフクラブへ行きました。
California1

ロサンゼルスのダウンタウンから車で30分くらいの高級住宅地Rancho Palos Verdesの先端にあります。
California2

どのコースからも太平洋を眺めることができるパブリックコースで、日本から予約してゴルフを楽しむこともできます。
また素晴らしい景色を見ながらカリフォルニアワインと美味しい料理が楽しめるのでここで結婚式を挙げるカップルも多いそうです。
California3

敷地内の一部は予約者以外にも開放されているので、太平洋の絶景を眺めながら散策ができます。
海へ降りていくトレイルもあり、ゆっくりくつろぐことができるテーブルやいすが備えられています。

ピクニック気分で雄大な景色を堪能してはいかがでしょうか。

                         
                                  
        

クリスマスマーケット襲撃事件から一ヶ月

category - ヨーロッパ
2017/ 01/ 29
                 

2017年を無事迎える事ができました。

海外で暮らしていると正月らしいことから縁遠くなり、新年が特別な時期という感覚が薄れますが、今年はただ家族で一緒に過ごせただけで特別な時間が持てたと、何の変哲もない日常がとてもありがたく感じました。

昨年末クリスマスマーケット襲撃事件のあった教会広場(Gedächtniskirche platz)は、今でも多くの人がロウソクや花を供えに訪れています。

通る度にあの時間ここにいたかいなかったかということだけが運命を分けたのかと思うと、今を大切に一生懸命生きなければ!という気になります。

Berlin1

<昨年12月事件のあった広場>

 

外務省の「たびレジ」に登録すれば、滞在先の安全情報を随時受け取ることができますし、こんなご時世のせいか、何かあった時の在独日本人の安否確認がとても迅速です。

ただ、こうした突発的な事件の際には、瞬時に情報を交換し互いに安否を確認し合える個人的でローカルなソーシャルネットワークも心強く、一層身近な人達とのつながりが大切だとわかる良い機会となりました。

ベルリン警察などの現地の公的機関もフェースブック等速報性の高いメディアで情報を提供しているので、様々な情報源を日頃からおさえておく事が良いということも実感しました。

 

Der Tagesspiegel新聞によれば、現在IS関係でテロを起こすかもしれないとマークされているのが547人だそうです。

そのうち、半分はドイツ国外にいて残り半分のうち90人程度は拘束されているようです。

今ドイツでは160余の要注意人物が警察の監視下にあるらしいのですが、彼らは16州を自由に動きまわります。

ドイツの治安維持には、GTAZgemeinsamen Terrorabwehrzentrum)という連邦政府警察と各州の警察が連携してテロ対策を実施する機関が既にありますが、事件がある度にさらに強い連携や新たな対策が必要と強調されます。

難民申請は相変わらず受け付けていますが、審査と本国への送還を迅速にするようですし、議論はありますが、連邦政府も州政府も概ね同意しているので、街中に監視カメラが増設されることになりそうです。

現在懸念されているのは、監視下にある人物のうち3人が行方不明なことだそうです。

クリスマスマーケットの襲撃事件も、国家警察にマークされていたのですが、その監視レーダーからはずれた後、あのような事件が起きたという事実があるので、、、、。

 

ある調査(Civey)では「米国の新大統領を表現すると?」との問いにドイツ人は「1予測不可能、2危険、3無責任」と回答していました。

今年は、いろんな意味で予測不可能な一年になりそうですが、難民受入に見るようにこれまでも、そしてこれからも異質で多様なものを受け入れる姿勢を変えないドイツは、こうした予測不可能な事態にもしかしたら強い国なのかも知れません。

特に清濁合わせ飲んでしまう、ともすると混沌としたベルリンは、その開放性と多様性が活気ある街を作り出して、ドイツ人でも飽きる事がないと聞いています。

そんなベルリンから時々、ドイツ事情をお届けしようと年初に誓いました。

最後に、今年が皆様にとって良い年になりますように!

                         
                                  
        

シンガポールのディーパバリ

category - アジア
2016/ 12/ 08
                 

リトルインディアの目抜き通り「セラングーン・ロード」は

10月になるとDeepavali(ディーパバリ)の飾りで

華やかになります。

singapole1117d.jpg


Deepavaliはヒンドゥー教の新年のお祝いにあたり、

「光の祭典」とも呼ばれています。

singapole1117c.jpg


日没後のライトアップはインドらしいきらびやかさです。

singapole1117b.jpg


こちらは、セラングーンロード沿いにある、スリ・スリニバサ・ペルマル寺院です。

典型的なヒンドゥー教のお寺で、色鮮やかな門灯に神々の像が施してあります。

singapole1117a.jpg




                         
                                  
        

インド旅行に行ってきました!

category - アジア
2016/ 11/ 22
                 
ジャカルタ駐在経験から町の喧騒などは想像していましたが、
初めて訪れたインドは想像以上に人が多く、
人間と動物が共存して道路渋滞は酷く。。。

久しぶりの異文化体験でした。

india1117b.jpg

エネルギッシュなインド人にも驚きました
india1117c.jpg

いくつか世界遺産を観光しましたが、赤土でできたものが多い中、
白亜のタージマハルは荘厳な美しさを誇る巨大なお墓。
観光客にあふれていました。
インドの栄華の象徴のようでした。
india1117a.jpg

                         
                                  
        

パリの中東料理

category - ヨーロッパ
2016/ 11/ 08
                 
パリのマレ地区では中東の料理が食べられます。
ファラフェルバーガーという、ひよこ豆のコロッケとたくさんの野菜をピタパンでサンドしたものが人気です。
いくつかのお店の前に行列ができていました。pari1107a
                         
                                  
        

オランダのアウトレット

category - ヨーロッパ
2016/ 11/ 04
                 

ヨーロッパの多くのお店は日曜日が休業ですが、アウトレットモールは営業しているので、オランダのアウトレットまで行ってきました。 outlet-1104b.jpg

子供達が退屈しないように水遊びができ、ファストフードもありました。

outlet1104a.jpg

日本人の私はヨーロッパのハイブランドをアウトレット価格で買えるのが楽しかったのですが、こちらの人たちにはアメリカのブランドがアウトレット価格で買えることの方がありがたいみたいで、ラルフローレンなどは入場制限をしていました! outlet-RL1104e.jpg

ランチをしようとカフェテリアに入りましたが、どこも大変混んでいたのでベルギー名物マヨネーズたっぷりのフリッツで簡単に済ませました。

  frietjes1104c.jpg

帰りに寄ったドライブインで、セルフサービスのスターバックスコーヒーを飲んでひと休み。Starbucks1104d.jpg

  お店よりもメニューは少ないですが、車の移動が多いヨーロッパではとても便利です(*^_^*)

                         
                                  
        

ベルゲンの秋

category - ヨーロッパ
2016/ 10/ 05
                 
ノルウェー第二の都市、ベルゲンはフィヨルド観光の玄関口です。
IMG_0999_201609291708126c7.jpg

9月にはすでに肌寒く、雨の日も多く、
山の上には霧が出ることも多いです。
IMG_0998_20160929170810c31.jpg

日照時間が少ないので、
ノルウェーの人は魚の缶詰やサプリメントから、
ビタミンDを摂取するようにしています。

日本人がよく食べるスモークサーモンやイクラの瓶詰もありますが、ベルゲンでは高価な食材です。
IMG_1004.jpg


北欧らしく、トナカイの肉のホットドッグがありますよ

001.jpg

                         
                                  
        

ベルギー建国記念日と結婚式

category - 未分類
2016/ 07/ 27
                 
7/21はベルギーの建国記念日でした。
友人知人を招いてバーベキューをする準備で、
前日のスーパーマーケットはとても混雑していました。
ブリュッセルの街や王宮広場では多くの催し物があり
夜には花火があがりました。

wed2.jpg


そしてつい先日
アントワープ・ノートルダム大聖堂の前を通りかかったところ
観光客を含めた賑やかな人だかりになっていました。

wed3.jpg

すると、結婚式を挙げたばかりの新郎新婦が出て来ました❣️
参列者と大勢の観光客が2人を出迎える中、クラッカーが鳴り響き、
赤やピンクのハート型の紙吹雪が一斉に舞いました。

wed4-1.jpg

参列者や見ていた観光客にまで、
かわいらしいケーキの入ったギフトが配られました。


wed1.jpg

新郎新婦は、大聖堂前に用意してあったベンツのクラシックカーに乗り、
みんなに見送られて行きました。

ノートルダム大聖堂は自宅から近いので、私のお散歩コースです。
今まで何回も大聖堂前を通りましたが、結婚式に出会ったのは初めてでした。
最近のヨーロッパは不穏なニュースが多いですが、
映画の場面のような光景を目にし、とても幸せな気持ちになりました。

T.K (ベルギー)

                         
                                  
        

テロ後の空港

category - 未分類
2016/ 06/ 27
                 
3月に起こったブリュッセル空港爆破テロのあと、
空港の旅客ターミナルには「搭乗チケット」を持った人しか
入ることができなくなりました。
空港まで車で行くと、まずパーキングターミナルの手前で検問があります。
駐車したあと空港ターミナルに入る前に、白いテントの中で手荷物検査を受けます。

Brussel Airport 1


空港ターミナルに入ると、爆破のあったところは壁で覆われていて、
その中ではリニューアル工事が行われていました。

Brussel Airport 2


テロ当初は少なかった乗客も現在は通常レベルになっており、
ベルギーの街は普段通りの生活を取り戻しつつあります。

Brussel Airport 3



ベルギー政府も夏の観光シーズンに間に合うように、
空港の完全修復を急いでいるようです。
日本の皆様にはたくさんご心配をいただき、ありがとうございました。
これから夏に向けて、少しずつ活気が戻ってくることを願っています。      

T・K (ベルギー)
                         
                                  
        

パティスリー(patisserie)

category - 未分類
2016/ 03/ 28
                 
フランスやベルギーでは、ケーキや洋菓子を売っている店のことを
パティスリーと呼んでいます。
パンの専門店はブランジュリーと呼び、
パティスリーと一緒に経営していることも多いそうです。

私の住む街ではパティスリーとブランジュリーが一緒になっていて、
カフェを併設しているお店をよく見かけます。

IMG_1364[1]

ケーキやエクレア、マカロン、メレンゲのほかに、
チョコデニッシュやクロワッサンなどもあり、
日本のものよりひと回り以上大きなサイズです。
日本では高価なエシレバターを使っているものもあり、とても美味しいです。

IMG_1358[1]


しかしカロリーのことを考えると、毎日というわけにはいきません。


IMG_1360[1]


先日主人と散歩に出かけたとき、大きなメレンゲを見かけました。
砂糖の塊・・・とわかっていても、主人と二人でひとつを食べたところ、
やっぱり甘くて、すぐにコーヒーを注文しました。
時々こんな失敗もありますが、こちらに住んでいる間に、
パンやケーキ、洋菓子の名前をたくさん覚えられたらいいなと思っています。

T・K(ベルギー)