Post

        

受験にまつわる話(日本の中学)

category - 未分類
2011/ 02/ 24
                 
東南アジアの日本人学校から日本の中学を受験することになった娘。
常夏の国で通学はTシャツ短パンだったので、受験用のスカートをつくりました。
準備万端と安心していたのですが、いざ受験のために荷作りをしていてビックリ。
わずか1ヶ月ほどの間に娘の身長がぐん!と伸び、スカートは立派な「ひざ上」。
「うわー、渋谷のコギャルみたい」と娘は笑っていましたが、親は笑っている場合ではなく、
あわてて生地を買いに走り、仕立て屋を拝み倒して1日で仕立ててもらいました。
そして親のほうは直前に足をねんざし、パンプスがはけない状態に。
スニーカーにスーツという情けない姿で出かけたのでした。
「失敗の先払いをしちゃったから、受験のほうは大丈夫だよね」と気持ちをきりかえ、
かえってリラックスできたかもしれません。

Y.T.ベトナム