Post

        

受験にまつわる失敗談

category - 未分類
2011/ 02/ 20
                 
帰国して2年が過ぎたころに小学校編入受験をしました。

受験の知識などほとんどないままに学校に向かったところ、受験者の多さに
まずびっくり、編入試験など少人数に違いないと思っていた自分たちの認識に
なんともいえない不安と後悔を感じたのを覚えています。

低学年ではなかったので両親と子供は別々に面接を受けました。
ドアの開閉やお辞儀の仕方等、最低限の練習はして行きましたが、その質問内容
までは、行き届きませんでした。
終了後、恐る恐る子供に聞いてみると、休み時間の過ごし方について聞かれ、
「一人でお絵かきをしていますと答えた」という返事。
(事実、子供はたいてい家でも黙々と漫画を描いていました)
夫婦でこれは学校生活になじまず、お友達もいないのではと思われたに違いないと
がっかりしました。
無事に合格の通知をいただいてからは、一人でいる事に苦痛を感じない子供は
編入生に必要な一つの大きな条件を持っていると思われたのかも・・・などと、
ほくそえんだものでした。
親は・・と言えば、やはり準備不足のため、どのような返答をしたのか思い出したくは
ありません。

この経験をいかし?今回の赴任によるインターナショナルスクールの受験では、
面接の入念な準備をしましたが、面接はおまけみたいなものでほとんど合否に
関係ないようでした。

S.Y.サンパウロ