2017/07/21

Post

        

2020年 東京オリンピック「みんなのメダル プロジェクト」

category - アジア
2017/ 07/ 21
                 

携帯電話を新しくするたびに古いものをお店に返せば良いのですが、データの移行やお気に入りのデザインだと、つい手元に保管したくなってしまいます。

しかし、東京都が「自宅で不要になった携帯電話などを、2020年東京オリンピック・パラリンピックのメダルの資源にするために回収しています」というニュースを目にしました。

TOKYO10721そこで我が家や実家にあった、いわゆるガラケーや古いスマートフォンを東京都庁に持って行きました。

TOKYO20721 すると目の前で携帯電話に数カ所穴を開けてくださいました。

TOKYO30721

穴を開けてもらった携帯電話は、カウンターが表示された専用のボックスに自分で投函します。

TOKYO40721

お礼にシリアルナンバー付きの「感謝カード」とバッジをいただきました。

これは都庁に持参した本人だけに配布されるので、携帯電話の個数分をもらうことはできません。

過去のオリンピックでも金属をリサイクルしてメダルを製作した例があったそうですが、国民参画形式によるリサイクル率100%メダル製作は初めての試みだそうです。

日本のテクノロジー技術を世界にアピールすることにもなりますし、何より、私も少しだけお手伝いができるということが嬉しいと思いました。

TOKYO50721

この企画は今年2月から開始されており、何度かニュースに取り上げられていましたが、なかなか行くチャンスがありませんでした。

今回母とふたりで行ってきましたが、前回の東京オリンピックは私が生まれた年・・・その頃の思い出話をしながら西新宿を散策してきました。

東京都のホームページに詳細が掲載されていますので、ご覧になってから東京都や参加自治体に持参されることをおすすめします。