2015/12/02

Post

        

ニューヨーク編

category - 未分類
2015/ 12/ 02
                 
私たち家族が暮らしていたニューヨーク郊外のロングアイランドは、
住宅地の広がるとても自然豊かな街です。

ロングアイランドには、Rt.495が東西にのびており、
このRt.495を押さえておけばたいていの場所へ辿りつけます。
幹線道路なだけに、渋滞していることも多く、
HOV Lane(high occupancy vehicle lane 2名以上乗車していれば走行可能な車線)が設けられていて、
朝晩のラッシュ時には、渋滞を横目にスイスイ走ることができます。

このRt.495からミッドタウントンネルを抜けるとそこはマンハッタン。
NY1


皆さまご存知のとおり、マンハッタンはキャブでいっぱいです。
NY2.jpg
【ブロードウェイ】

この写真は休日の早い時間に撮影したので、道も比較的すいています。
平日や休日の昼間は、そこにはもう車間距離はありません。
前にも後ろにも車がピッタリはりついています。
信号が赤から青に変わる瞬間にアクセルを踏まないと、
必ずと言っていいほどクラクションを長いこと鳴らされます。
車をぶつけないか、ハラハラドキドキしながら、
それでもマンハッタンでの運転は楽しかったのです。

しかし日本に帰国して数年経ったいまでも時々、
マンハッタンを運転中にブレーキが利かない夢を見るので、
本当は当時はかなり無理していたように感じます。

私には自宅近くをのんびり運転している方が合っていたようです。
NY3.jpg


A.I(日本)