2015/10/20

Post

        

マッターホルン(スイス)

category - 未分類
2015/ 10/ 20
                 
スイスアルプスの名峰はどれも雄大な景色ですが
独立峰として凛とそびえ立つマッターホルンは想像以上の素晴らしさでした。

スイス側の麓の町、ツェルマットは環境保護のために
電気自動車か馬車しか入れませんので
空気が一層きれいです。

Zermatt St

今年はマッターホルン初登頂から150周年という記念の年なので
駅前には記念碑がありました。

マッターホルンはツェルマットからも眺めることができますが
ゴルナグラード展望台に登山電車で上がり
同じ3000mくらいの正面から見ると
その存在感に圧倒されます

Gornergrat.jpg

駅からハイキングで下山すると
途中の池にマッターホルンが映る
「逆さマッターホルン」が見える絶景ポイントがあります。

逆さマッターホルン

私が写真を撮影していたら
高齢のアジア人らしき男性が
「私は過去20年くらいのうちに6回も来たけれど、
今回が一番美しいと思う。あなたはとてもラッキーですよ」
と話しかけてくれました。

私は夏は晴れる確率が高いと簡単に考えていましたが
山の天気は変わりやすく
1日の中でも天気が急変するのだそうです。

この日はお天気に恵まれたので
地元山岳ガイドさんの案内で珍しい高山植物や放牧された羊を見ながら
登山電車2駅分をハイキングし
マッターホルンを見渡せるレストランで昼食をとりました。

マッターホルン ライトアップ

マッターホルン初登頂150周年イベントのひとつとして
初登頂ルートのヘルンリ陵をライトアップしているのを
ホテルのテラスから見ることができました。
日没後、尾根の下からひとつづつ灯りがついていき
30分ほどで頂上まで灯りがつきます。

黄金色に輝く朝焼けや
真っ赤に染まる夕焼けのマッターホルンも素晴らしかったですが
薄暗いマッターホルンに順々に灯りがともる様は
なんとも感動的でした。

3000m級のハイキングは少し疲れますが
ツェルマットの町に連泊して
名物のチーズフォンデュやラクレットを食べて
マッターホルンの雄姿を望む旅をおすすめします。

M・K (ベルギー)