2015/10/01

Post

        

スポンサーサイト

category - スポンサー広告
--/ --/ --
                 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
                         
                                  
        

日本から持参してよかったもの

category - 未分類
2015/ 10/ 01
                 
アメリカ駐在時では
食べ盛りの息子達の大量の食事作りと
週末ともなれば我が家は日本からの出張者や
単身赴任のスタッフの方々の集いの場(居酒屋?)と化していたため
その料理作りには日本から持参したキッチン家電が大変役に立ち
日々大活躍でした。
その中のいくつか紹介いたします。

先ずは、「魚焼き器」です。
持参Nロースター

これは両面しっかりと焦げ目がつき
魚や肉、野菜まで何でも焼いていました。
しかも煙が出ないので警報機もなることも無く安心です。

もちろん大きなオーブンは備え付けでしたが
やはり一瞬で焦げ目がつき一切れでもすぐ焼けるので
毎日活躍してくれました。

次は「ミートスライサ―」です。
持参Nミートスライサ―

アメリカでは薄くスライスした肉は売っていないので
このスライサーも本当によく働いてくれました。
塊の肉を半解凍してスライスすれば
しゃぶしゃぶやすき焼き用の肉が完璧に出来ます。
多少の安い肉でも充分に美味しく食べられます。

そして「ホットプレート」も欠かせませんでした。
持参Nグリル

アメリカでは屋外用のバーベキューグリルはどの家庭でもありますが
室内で焼きながら食べる習慣は無いようで
まず、ホットプレートは売っていません。
これは来客時には2台使い
焼き肉、お好み焼きや餃子にと大いに役立ちました。

これらの他にも、カセットコンロや土鍋も冬になるとよく登場しました。
こう考えてみると私の日本から持参して役に立ったものは
食に関する物ばかりでした。

日々大量の食事を作り
異国の地で家族や日本人スタッフと
ワイワイガヤガヤ楽しく食卓を囲んだ日々が
二人きりの食卓となった今では懐かしく思い出されます。

M.N.(日本)
                         
                                  
    
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。