2015/08/21

Post

        

ベルギーの食料品

category - 未分類
2015/ 08/ 21
                 
最初の駐在生活はアメリカ西海岸だったので、大した不便も感じずに生活ができました。
しかし今回はベルギーの首都ブラッセルから少し離れたところに主人が単身赴任しており、
土曜日は夕方までの営業、日曜日はどのお店も休業なので、
日々の買い物には不便を感じます。

自宅から車で40分ほどのところにブラッセルの日本食スーパーがありますが、
アメリカの日本食スーパーに比べるとかなり小規模です。
たくさん買いたいときはドイツのデュッセルドルフまで車で3時間ほどかけて出かけています。

一方、近所の現地のスーパーに白菜やしめじがあり、とても驚きました。
アメリカでは日本食スーパーに行かないと入手できなかったので、
今回は大変重宝しています。

ベルギー食材4

このキャベツがヨーロッパでは一般的です。
日本のものと形が少し違うので最初は躊躇しましたが、
ほぼ同じように使えることがわかったので頻繁に購入しています。

ベルギー食材6

これは現地スーパーで売っているリーキです。
一見日本の長ネギのように見えますが、生では白い部分が堅くて筋が多いです。
スープや煮込み料理、オーブン料理に入れると美味しく、
長ネギのような独特の香りがないので、最近日本でも見かけるようになりました。
しかし何も知らない主人は薬味として使い、失敗したそうです。

ベルギー食材7

現地スーパーに売っている「万能ネギ風」のこのネギを使っています。
これはアメリカの時も同じでした。

ベルギー食材8

最近、現地のスーパーに日本食コーナーができました。
味噌、醤油、酢、海苔の他にそばやうどんなどの乾麺、
寿司に添えるガリ、インスタント味噌汁は生味噌タイプです。
煎餅やあられには「YOSHINO」「NEPUTA」「BONSAI」などの
日本を連想させるネーミングがされており、アジアの景色の写真が付いています。
味は悪くないので、遠くの日本食スーパーまで行かれなくてもこれで充分です。

ベルギー食材9

ヨーロッパも日本食ブームなので、
近所の現地スーパー内に持ち帰りの寿司コーナーができました。
寿司パックの横には日本酒や日本製のビール、梅酒が陳列されています。
アジア人が機械を使わずに手で握っていて、
注文すると好みに合わせて詰め合わせてくれます。
味は想像通りのものでしたが、種類が豊富で本格的に握っていたので、
日本人としてとてもうれしかったです。

ベルギー食材10

日本の生活に慣れてしまった私がベルギーに行って料理をすると、
ついつい「あれが足りない、これも無い」と言ってしまいます。
しかし多少の違いはあっても日本食っぽいものが入手できて料理できるのですから、
ありがたいと思わなくてはと反省します。
ドイツのデュッセルドルフまで行くと日本人向けのお店が集まる場所があるのですが、
なかなか行くことができませんので、
現地のものをうまく取り入れて楽しい食卓にしたいと思っています。

T.K (日本)