2015/07/22

Post

        

ヨーロッパへの長距離便

category - 未分類
2015/ 07/ 22
                 
ベルギーに単身赴任中の主人のところへ行くときは、
直行便がないためヨーロッパのどこかで乗り継ぎをしなければなりません。

いろいろな経由地があるので行き方は何通りもありますが、
どの行き方をしても日本からヨーロッパまでは約11時間、
2時間ほどの乗り継ぎ後、さらに2時間ほど飛行機に乗ります。

飛行機 TK1

離陸約1時間後に軽食が出るので、そのあとは映画を見ています。
映画を見る際には、足のむくみを防止する靴下を履いています。
メーカーに問い合わせたところ、
椅子をリクライニングして水平にする場合は
「就寝用」の靴下を着用した方がいいそうです。
またロングタイプよりは、ひざ下のショートタイプの方が無難とのこと。
気圧の関係もあるので、食事の時などは脱ぎ、
少ししてから再び着用するとさらに心地が良いです。

加湿タイプの就寝用マスクも必需品で、私は片道2枚使います。
11時間も乗っているとフィルターが乾いてしまうので、どうしても2枚必要なのです。
数年前から柑橘系などの香りがついたものがあるので、さらに快適になりました。

飛行機 TK2

新しい映画をやっていることが多いのでついつい2本ほど見てしまい、
寝る時間を削られて後悔することもありますが、
映画のあとに温かい麺類をいただいて4時間ほど眠ります。
すると着陸前の食事が出ますので、
そのあと歯磨きなどをしていたらヨーロッパの経由地到着まであと少しになります。

足のむくみ防止靴下を使うようになってからは、
足の違和感がなくなりスッキリした気分で空港を歩けるようになりました。

飛行機 TK3

乗り継ぎ後は2時間ほどのフライトなので、
先ほどの睡眠不足を補うように爆睡してしまいます(⌒-⌒; )

最近は羽田空港からの深夜出発便に乗っているので、
11時間後は経由地の朝6時頃に到着します。

機内で映画を見て、ほどほどに寝て、
少し眠いくらいで乗り継ぎ便に乗って、また少し寝る・・・
そうするとベルギーに到着する朝10時頃はかなりスッキリしています。
その頃日本は夕方なので、到着した当日を頑張れば
大した時差ぼけをしないで過ごせるのです。

帰国の際はベルギー発が夕方の便に乗り、
機内では同じように過ごし、羽田空港には午後3時頃に到着します。
今のところ、私はこのペースが自分に合っているように思っています。

事前に航空会社のホームページで機内サービスを調べておき、
見たい映画をやっていない時はiPadやKindleなどを持参しています。

空港のセキュリティーチェックも厳しいですから
あまりたくさん持ち込みたくないのですが、
長時間で乗り継ぎもあると思うと荷物が増えてしまいます。

ベルギーでは主人の身の回りのことをしますので、
現地で体調を崩さないよう、
機内で快適に過ごせるアイテムを厳選するように心がけています。


T・K(日本)