2014/12/21

Post

        

ベルギーのサン二コラ

category - 未分類
2014/ 12/ 21
                 
ベルギーではクリスマスよりも一足先にサン二コラがやってきます。

よい子にプレゼントをくれる白いお髭に赤い服のおじいさん・・・
なんとなくサンタクロースと似ていますが、決して偽者などではなく、
この方こそがサンタクロースの原型なんだそうです。


サン二コラ


サンニコラは12月5日の夜に、黒人のピートをお供に連れて、ロバに乗ってやってきます。
子どもたちは、プレゼントを入れてもらう靴や靴下と一緒に、
お礼のクッキー、ロバのためのニンジンを置くとよいと教えてもらいました。
よい子にはプレゼントを、悪い子にはムチ打ちのお仕置きをくれるという話ですが、
お仕置きをもらったという子はいまだ聞いたことがありません。

由来は貧しい子どもを救った逸話で有名な聖ニコラウス司教で、
12月6日は聖二コラウスの命日です。
サンニコラの着ている赤の服と帽子は司教の服装だそうです。

サンニコラはフランス語読みで、オランダ語ではシンタクラース。

そうです
アメリカに渡ったオランダ人によってこの風習が伝わり、
サンタクロースとなって世界中に広まったのです。
もちろんベルギーにも伝わり、ベルギーの子どもたちは、
12月に2回プレゼントがもらえるようになりました。

親としてはありがたくない


A.S(日本)