2014/11/27

Post

        

世界遺産の宝庫

category - 未分類
2014/ 11/ 27
                 
2014年現在、中国の世界遺産は47箇所。
世界遺産が50箇所あるイタリアに続く、世界遺産大国です。

首都の北京には、6箇所の世界遺産があり、
世界中で世界遺産の数が一番多い都市なのだそうです。

北京市郊外には「万里の長城(八達嶺)」「明の十三陵」「周口店北京原人遺跡」
北京市街地には「故宮博物館」「天壇公園」「頤和園」
さらに日帰りできるところに「清の西陵」「清の東陵」もあります。

「万里の長城」は月から見える唯一の建造物。
万里の長城

壮大な長さを誇りますが、
この八達嶺は常に観光客でいっぱいです。
長城

北京市内からは「明の十三陵」も同じ方向なので
一緒に回ることができます。
碑楼

「神道」と呼ばれる十三陵へ続く道には
獅子や麒麟、武官などの石象が並びます。
明の十三陵

こちらはTVなどでお馴染み、「故宮」の正門、天安門。
故宮1

「天安門」の反対、裏側にある景山公園の頂上から見ると
その雰囲気は異なります。
故宮2
中の展示物を全て見るには1日では足りないかもしれません。

「天壇公園」の象徴とも言える、この「祈念殿」は有名ですが、
天壇公園

その少し南側にある「皇穹宇」の内部も歴史的な装飾が施されています。
天壇

商業ビルやホテルが建ち並び、近代的な街に変貌した北京ですが、
こうした建造物には歴史の重みと魅力が詰まっています。

Y.I(日本)