2014/07/25

Post

        

スポンサーサイト

category - スポンサー広告
--/ --/ --
                 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
                         
                                  
        

日本人学校のお誕生日会

category - 未分類
2014/ 07/ 25
                 
29歳の息子が北京日本人学校に入学した当時、
お誕生日会はクラスの男子全員を招待する
母親にとっては結構大きなイベントでした。

日程を設定するためには、先ずバスの手配をしなくてはなりません。
登下校はアパートのバスで、ほかのアパートの子に来てもらう時には
呼ぶ側のバスに乗ってもらいます。

バス委員さんに連絡して席が確保できる日程に決めて、
当日のバス当番さんにピックアップをお願いしてと奔走します。


当日は、食べて! 飲んで! 遊んで
誰が主役だかわからない大騒ぎ。
同じアパートのお母さんたちにもお手伝いを兼ねて参加してもらいますが、
夕方になるとお迎えのお母さんたちが下の子どもたちも連れてやってきて
巨大に膨れ上がったところで散会でした。

3年生の時のお誕生日会。
夕方ピンポ~ンと鳴って出てみると中学部の男の先生が。。。
「何があったんだろう?」と不安が過りましたが、
「今日は大変お世話になりまして。」

あ、先生、Hくんのお父さんだった。
学校帰りにお迎えしてきてって頼まれたのね。
お母さんとしかお付き合いがなかったのでビックリしたこともありました。


北京誕生会

お呼ばれした時には記念の写真もいただいて。
こちらは、大きな水墨画の飾られたお宅でしたね。

子どもだけで違うアパートと行き来できない中国で、
特に楽しみの少なかった当時の北京でのお誕生日会は
ほぼ毎月ある子どもたちの楽しいイベントでした。

Y.I(日本)
                         
                                  
    
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。