2014/02/28

Post

        

ミシガンのバレンタインデー

category - 未分類
2014/ 02/ 28
                 
ミシガンの小学校ではバレンタインデーにはカードやお菓子を交換しあいます。

まず、バレンタインデーが近づくと“靴の空き箱にデコレーションをしてくる”
という宿題がでます。 
綺麗な包装紙やシール等を貼ってそれぞれ好きなようにデコレーションし、
上蓋には穴を開けます。

バレンタイン1 (1)


クラス名簿も同時に配られ、“配るなら必ず全員にね”という注意があります。
配るか配らないかは家庭の判断で、配らなければならないということはありません。
また、この時期になるとスーパーでは配り易いように
少量パックの詰め合わせがたくさん売られています。
各袋にちゃんと“to____, from____”と
名前を書けるようになっていてとても便利。

当日はクラス全員の名前と自分の名前を書き、
それぞれがデコレーションした箱に入れていきます。
カードを交換しあった後は、クラスごとにパーティーがあります。 
娘のクラスは、アイスクリームやM&M, プリュッツェル等を持ち寄り、
好きなものをトッピングしてアイスクリームサンデーを作って食べる
“サンデーパーティー”がありました。
ちなみにパーティーの企画は“パーティー・マム”と呼ばれる
保護者のボランティアがします。

バレンタイン 2


大人はどうかというと、14日のスーパーでは昼休みもしくは帰宅途中、
花束を買っている男の人たちをたくさん見かけます。
アメリカ人と結婚している友達に聞いたところ、
毎年、花束とチョコレートをご主人からもらうとのこと。
ある友人は、義父から一万円はすると思われる大きい花束が、
どこの国に住んでいても毎年届くそうです。
うらやましい限りですね。

バレンタイン3


R.S(日本)