2014/02/02

Post

        

フランスでスキー

category - 未分類
2014/ 02/ 02
                 
年明け早々、有名人のスキー事故の報道が相次ぎ、胸を痛めました。
スキーをしない方にとっては、なぜそんな危険なことをするのだろうと
首をかしげたくなるかもしれません。
しかしヨーロッパの冬は曇天の日が多く、日光を浴びに
スキー場に行くという方もいるようです。
山に登って、低く垂れこめた雲の上に出るというわけです。

スイス①

スイス④


フランス・サヴォアのスキー場へ行った時のこと、気温は氷点下と低くても、
風が強くないため、日の当たる場所はさほど寒く感じません。
ランチは屋外に置かれたテーブルでとる人も大勢います。
中には外でバーベキューを焼いているお店もありました。
もっともこれには体感温度の差もあるようで、
私は室内を好み、もっぱら暖房の横で体を温めていましたが。

スイス②


子供はスキースクールに入ったのですが、初心者はストックを持たせてもらえません。
重いスキー板と苦戦しながら歩く子供の背中を不安半分に見送りました。

スイス③

さてお迎えの時間、コーチが「ピザ、ピザ~!」と連呼しています。
さてはランチに釣られて無理やり滑り降りてきたかと思いきや、
これは日本で言う「板をハの字に広げる」こと。
確かにピザの形に似ていますよね。
広々としたゲレンデは上達も早いようで、親の心配をよそに
一週間後にはストックなしで直滑降する
勇敢なスキーヤーへと成長したのでした。


A.S(日本)