2013/11/24

Post

        

アメリカの高校生活

category - 未分類
2013/ 11/ 24
                 
アメリカでの生活において「驚いた事」は日常茶飯事でしたが、
二人の息子達が高校に通ってからは新たな驚きの日々でした。
まるでアメリカのハイスクールドラマさながらの
思い出に残るびっくりをいくつかご紹介いたします。


まず、運転免許取得です。
私たちの住んでいた州では15歳から免許を取得できます。
この年齢も驚きですが、高校で免許取得は必須科目であり、単位として認められます。
その為教習費用も無料となり息子達も早々に免許を取得しました。
しかし車で学校に通うようになったら最後!
何だかんだ理由をつけて帰宅が夜中になる事もしばしばで、
ガレージから車のドアを閉めた音を確認してから眠りに付く日々でした。

snishioka0072.jpg


部活におきましてもびっくりです。
息子達はアメフト部に在籍しておりましたが、
ユニホーム、防具、靴など全てが無料で支給されます。
チームには専任のドクターとトレーナーが在籍し
各生徒に合ったケアーやトレーニングの指導をしてくれます。
そして試合ともなればどんな長距離でもバスで送迎され、
試合会場の警備は地元の警察から派遣されたポリスが警備してくれます。
全てに学校からの万全のサポートを受け、親としましても本当に感謝に尽きます。

snishioka008.jpg


次は高校主催のパーティーでも驚かされました。
中でもプロムの開催時には、男子はガールフレンドを誘い、彼女に渡す花束を用意し、
正装で迎えに行き記念写真、夕食を共にしダンスパーティー会場の高校に出かけます。
この行事は高校教育の一環であり、男女交際もアメリカらしくオープンにして、
正しい方向に導く考えの元に組み込まれているそうです。
時に結果として息子の同級生の中には赤ちゃんのいる女子生徒も数人いましたが
学校側のバックアップの元で校内には保育室があり、
彼女達には授乳タイムとして、授業中でもいつでも赤ちゃんの世話をしに行き来できます。
驚くばかりですが、その事を話していた息子曰くいつも授業をさぼれ羨ましいー!
と情けない事を言っていました。

snishioka003.jpg


そして晴れて卒業が決まり卒業旅行です。
男女友人の2,30人程で実行されます。
息子達は1週間のカリブ海のクルーズ旅行でした。

snishioka002 (5)

高校の卒業旅行にカリブ海!?
これも驚きでしたが、参加するには必ず保護者が同行しなくてはなりません。
息子達も友達のママに同行をお願いし、晴れて卒業旅行に参加しました。
相当楽しかったのでしょう。
戻った時のまっ黒に日焼けした満面の笑顔が忘れられません。


以上子どもが高校生ともなると驚き、心配の日々でしたが
今となれば懐かしい楽しい思い出です。


M・N(日本)