Post

        

スポンサーサイト

category - スポンサー広告
--/ --/ --
                 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
                         
                                  
        

お弁当作り

category - 未分類
2013/ 10/ 21
                 
バンコク日本人学校では小学部、中学部ともに昼食はお弁当です。
朝7時前のスクールバスに乗る子どもに持たせるため、
5時起きしてお弁当作りをしていました。
 
お米や食材は日本と同じようなものが手に入り、
日本で作るようなお弁当を用意することができたので、
他の海外の地域で暮らす方よりずっと楽だったと思います。
輸入の食材は日本の約3倍の価格でしたが、
現地で採れるオクラや枝豆は一年中安価で、
随分お弁当には利用していました。


バンコクでは停電がしょっちゅうあったので、
タイマーセットしたご飯が炊けてないことがあったり、
プロパンガスが調理中に切れてしまうこともありましたが、
その為にパック入りのご飯を常備したり、
日本から持って行ったカセットコンロを利用して乗り切りました。

一年中お弁当でしたので、時には保温ジャー弁当の味噌汁の部分に
冷たい汁をいれたそうめんのお弁当なども目先が変わって
子どもは喜んでいました。


住み込みのメイドさんがお弁当のおかずを作るというご家庭もありました。
我が家では食事の支度はほとんど私がしていましが、
ミヤさんと呼んでいた我が家の通いのメイドさんはきんぴらごぼうが得意で、
これは彼女にお願いしていました。
手先が起用でとても細くごぼうや人参を切りそろえることが出来るのです。
また、エビフライの下ごしらえも教えて、これもよくお願いしていました。


日本でもお弁当作りが続いていますが、明日のお弁当はタイを懐かしんで、
エビフライときんぴらごぼう、オクラのおかか和えにしようかなと思いました。

K.Y(日本)
                         
                                  
    
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。