2013/08/22

Post

        

スポンサーサイト

category - スポンサー広告
--/ --/ --
                 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
                         
                                  
        

エバンストンのサマーキャンプ

category - 未分類
2013/ 08/ 22
                 
シカゴ隣接のエバンストンに来てもうすぐ4ヶ月になりますが、渡米前の不安は何処へやら。
この地域の皆さんのおかげで、親子共々たのしく過ごすことができています。

9歳の息子は、現地の小学校で1ヶ月ちょっと過ごし、すぐに夏休みに突入。
親切でフレンドリーな先生と、クラスメイトのおかげで学校に慣れたところだったので、
この勢いを保つために、今年の夏はサマーキャンプ三昧になってもらおうと決意!

しかし、いざ申し込みにシティーホールへ行くと、
人気のあるサマーキャンプは年明けからすぐに申し込みが入るのだそうで、
夏休みの直前の申し込みはできませんでした。
それでもパンフレットから選び、希望する2種類のキャンプに通う事ができ、
つい先日、兄弟たちは1ヶ月半のサマーキャンプを全うしました。

はじめのキャンプの時間は9~16時。
15時のスナックタイムから16時までは自由時間だったので、
我が家は15時にお迎えに行き、家でおやつ。

本来ならば、年齢ごとに別々のクラスへ参加しなくてはならないのですが
融通が効き、8歳と5歳の兄弟で同じクラスに参加させてもらえました。
若いカウンセラーの方々にはとてもよく面倒を見てもらい、一緒に遊んでもらい感謝でした。
一週間ごとにカウンセラーが変わり、1人のカウンセラーに4~5人の子どもがつくというスタイルでした。
週ごとに、スケートの日、プールの日、ビーチの日、ボーリングの日など、
ちょっと忙しそうなことも言っていましたが、楽しんでいました。
雨の日はやはり、室内のせいか退屈モードで不満を言っていましたが。
映画を観たり、体育館でひたすら鬼ごっこなどをしていたそうです。
お兄ちゃんにとっては、クラスの年齢が低かったので全体的には物足りなかったようです。

2人一緒のキャンプ


このキャンプの4週間を終えて、間髪入れず、次のサマーキャンプへ。
時間は9~15時。
このキャンプは、それぞれ年齢に見合ったクラスへ別々に参加。
お兄ちゃんにとっては、工作も高度なものを作れるし、一泊のキャンプもあるしと、
内容はやはり、年齢に見合ったものだけにとても気に入ってスタート。

9歳お泊りキャンプ


逆に弟は一人の不安がなかなか拭えず、大抵朝は15分程私が一緒についていてから、
やっとバイバイできるといった具合でした。
しかし、このキャンプもカウンセラーが素晴しく、安心して預けることができ、
迎えに行くと楽しかったー!と元気に帰ってくる弟君でした。
それぞれ、カヌーの日、ビーチの日、釣りの日、ウクレレの演奏に乗ってのダンスの日など、 
結構いろいろなテーマを決めての活動内容でした。
工作もかなり、手の混んだものを作ってきました。

5歳児キャンプ



2人とも言葉が通じない中、よく通いましたが、
サマーキャンプのカウンセラーはとても良くケアしてくれるし、楽しい游びを沢山用意してくれたので、
どうにかなったし、英語で言ってることは大体わかるようになったそうです。

9才キャンプ先生と (1)



キャンプが始まる前には多少の不安はありましたが、
キャンプは行くもの、楽しいものだからと子どもを信じて送り出した8週間でしたが、
ほんとにたくましく通った子ども達。
子どもって、やってくれるし、適応力は無限だなと思い知らされた夏でした。
来年は、アートキャンプ、レゴキャンプなど、専門性なものはどうかと思っています。
時間は大体半日か、Fullかを選べます。

A.T(アメリカ)
                         
                                  
    
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。