Post

        

アメリカの卒業式文化

category - 未分類
2013/ 07/ 03
                 
日本の小学校では入学式・卒業式は厳かなセレモニーが行われ、
運動会も1カ月以上かけて一生懸命練習した成果を保護者に披露しますよね。
アメリカのアトランタではこの辺がかなりカジュアルです。
まずセレモニー的なことは一切ありません。
強いてあげれば、各部門で優秀だった子にピンバッチやメダルを
手渡すようなものがあったくらいです。

またそれぞれ学年の終わりに、イヤーブックと呼ばれる写真アルバムや
クラスTシャツにクラスのお友達からサインをもらったり、
食べ物を用意して学校の庭でピクニックをしたりするのですが、
5thグレードの終わり・・・・つまり日本だと卒業式が行われる学年でも
あまり変わりはありません。
ただピクニックが少し華やかなものになります。

それとカメラを構えた保護者や先生方、在校生が見守る中、
クラスの先生を筆頭にクラス全員で学校中を練り歩きます。
これはなかなか感動的で、エレメンタリーの最初の学年であるキンダーから
5thグレードに至るまでのさまざまな事を思い出し、
見ている親は涙涙....です。
日本の卒業式のように改まった感じではなく、
服装もいつもの服装でかなりカジュアルですが
これも文化の違いですね。

H.Y(日本)