2013/06/28

Post

        

スポンサーサイト

category - スポンサー広告
--/ --/ --
                 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
                         
                                  
        

タイ・日本人学校の卒業式

category - 未分類
2013/ 06/ 28
                 
2010年3月2日に長男はバンコク日本人学校(正式名称は泰日協会学校バンコク校)
中学部を卒業しました。

バンコク日本人学校は世界で1.2を争うマンモス校で、
当時も人数が一番少ない中3でも4クラスありました。
卒業式も小学部が午前中、中学部が午後と一日で2回行われたので、
小6と中3のお子さんがいらした方は連続して2回式に出席されていて
大変そうでした。

小学部の卒業式も経験していましたが、そのまま中学部へ進んだので
区切りの日ではありましたが、それほど感慨深いものではなかったように
記憶しています。
しかし中学の卒業後はほぼ全員がバンコクから旅立っていきますし、
我が家も帰国の日が近づいていました。
親としても式に臨む気持ちがだいぶ違いました。

タイらしいなと思ったのは生徒たちの胸には蘭の生花が飾られることと、
開会の言葉に続いて全員起立しタイ国の国王賛歌を静聴することでしょうか。
その後に君が代斉唱が続き、その後は粛々といわゆる日本の卒業式が
行われました。

バンコクの卒業式 蘭


ただ、卒業証書授与の時に、どのクラスも数名は欠席者がいて、
名前のみ呼ばれていました。
受験で日本へ一時帰国中だからです。
(卒業式出たかったよね・・)とそのお子さんやご両親の気持ちを想像すると
もうその時点で涙が出てきてしまいました。

バンコクの卒業式 壇上


そして卒業式終了後、卒業生が壇上にあがり、いきものがかりのYELLを
合唱したのですが、
途中の「・・ひとり ひとつ道を選んだ~」という歌詞を聞いて
(まだ決まってないよ・・・)と更に涙が溢れてしまいました。
当時息子はまだ第一志望の受験を控えていて、卒業式当日の夜にまた一時帰国し、
2日後に受験だったからです。

私にとって、バンコク日本人学校の卒業式=いきものがかりのYELL 
というくらい印象に残る歌でした。

K.Y(日本)
                         
                                  
    
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。