2013/05/14

Post

        

オランダ語とフランス語

category - 未分類
2013/ 05/ 14
                 
主人は現在ベルギーのアントワープというところに住んでいます。

前回のアメリカ赴任時は子どもも連れて家族で駐在したのですが、
今回は受験などの都合で単身赴任をしてもらっています。
私は料理をしたり、身の回りの手伝いのために年に数回渡欧するのですが、
そのたびに困るのが言葉です。

「フランダースの犬」で有名なアントワープの街は、公用語がオランダ語とフランス語、
そしてフランス語なまりのオランダ語もあるのです。
若い人は英語が話せますが、ショップの店員さんで英語が話せない人が多く、
買い物に行くたびにひと苦労です。


オランダ・フランス語


写真のように世界的に有名な3色の歯磨き粉もオランダ語とフランス語で表記されています。
結局アメリカ駐在時に使い慣れた商品を買ったり、勘を頼りに購入して失敗したり…。
これではいけないと思いフランス語を勉強し始めましたが、年のせい?か進歩しません。
今はほんの少しだけ覚えたオランダ語を駆使して買い物に行っています。

前回はアメリカだったのでなんとかなりましたが、今回ばかりは本当に苦労しています。
非英語圏で苦労されているみなさん、いっしょに頑張りましょう!

T・K(日本)