2013/03/15

Post

        

スポンサーサイト

category - スポンサー広告
--/ --/ --
                 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
                         
                                  
        

想い出のカード

category - 未分類
2013/ 03/ 15
                 
私が住んでいたトロントは、モザイクシティと呼ばれるほど
多国籍の人々が多く住み、宗教もさまざまな都市です。

お互いを干渉せず、上手に住み分け過ごしているという感じでしたので、
近隣の方には、お引越しの際のご挨拶のみ。
さほど深いお付き合いはしていませんでした。

また、郊外だったため、一軒一軒が比較的大きな敷地を持つ家が多く、
もちろん出入りは全て車。
半年は雪に埋れているカナダですので、
日頃近隣の方にもなかなかお目にかかることはありません。
春になり、やっと犬の散歩をするお隣さんと遠くから手を振り合い、
近づき軽くご挨拶を交わす程度のものでした。

2年前の3月、日本はあの大震災に見舞われました。
テレビでは目を覆いたくなるような映像がカナダでも容赦無く流れていました。

その次の朝、ポストにお隣のご夫婦から、カードをいただきました。

“遠いあなたの国で悲しい事が起きたようですが、あなたのファミリーは大丈夫?
何かお役に立つことがあれば言ってちょうだい。
神のご加護がありますように…”

という内容のものでした。
全く予期せぬ隣人の心遣いに、家族全員、心温まる思いでした。

帰国の時にも、お元気で!貴方もね‼と、あっさりしたものでしたが、
今でもカナダの大切な思い出です。

想い出のカード
我が家に来た来客、アライグマです。 

T.F(日本)

                         
                                  
    
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。