2013/02/06

Post

        

プーアル茶

category - 未分類
2013/ 02/ 06
                 
皆さん、中国茶はお好きですか?
さまざまな中国茶のなかで、私が愛飲している「プーアル茶」を皆さんに紹介したいと思います。


プーアル茶は「黒茶」とも言われ、産地が中国の雲南省の普洱(プーアル)市のため、
「プーアル」と名付けられました。
プーアル茶はお茶の葉を発酵させ、「散茶」と「茶餅」に加工されます。
また発酵法により、「生茶」と「熟茶」に分かれています。

生茶
 緑茶を残存する酵素で発酵させた茶葉。
 生産されてまだ日が浅い茶葉は、極めて緑茶に近い。
 しかし、年代を経るほどに、白茶、烏龍茶、紅茶の香りとなり、
 最終的にはプーアル熟茶に近い香りと味わいになる。
 新制或いは陳年生茶は強い苦みがあり、色も味も薄く、黄緑色となる。
 生茶は長期貯蔵すると、茶葉も段々と濃くなり、香りも濃厚になる。


熟茶
 プーアル生茶を多湿状態に置くことで、カビによる発酵をさせて作られる。
 年代を経た茶葉の風味を短時間で量産できる方法として、1973年から作られるようになった。
 生茶に比べて色が濃く、暗褐色を呈す。
 一般的に販売されているプーアル茶はこの熟茶。

P8190223.jpg
  北京のお茶屋さんの店頭


プーアル茶は生茶が老木から作られ、ミネラル濃度が極めて高いことが特徴とのこと。
プーアル茶を飲むと血圧が下がり、血液循環が良くなることが知られており、
その効果は品質に比例するのだそうです。
血液循環の改善から快眠、お通じの改善、花粉症などのアレルギー体質の改善、
また、熟茶には脂肪分解作用があると言われています。


A.N(日本)