2012/12/26

Post

        

ドイツの年末

category - 未分類
2012/ 12/ 26
                 
ドイツの冬は寒く長く…天気もどんよりしています。
日照時間も少なく夕方4時過ぎには暗くなってしまいます。

12月に入るとすぐに、各市や町の中心街にクリスマス市(マルクト)が立ち、
たくさんの特設のテントや店が立ち並びます。
電飾も綺麗で、見ているだけでウキウキしてきます。

クリスマスキットやキャンドル、手袋や帽子などの冬物衣料や本など、
様々な物が売られています。
また、揚げたポテト、焼いたソーセージ、炒ったナッツ類や焼き栗などが
香ばしい匂いを放っています。

ドイツ・クリスマスクッキー

グリューヴァイン(冬季限定ワイン・温めて飲むワインで、砂糖や香辛料で味付けしてある)
を売るお店もたくさん出ています。
カップのデポジット料を取られるのが普通なので、
返金してもらわず、そのままおみやげに持ち帰ることができます。

フランクフルトのクリスマスマルクトでは、
ローテンブルグにあるクリスマス用品で有名な「ケーテ・ヴォールファルト」の特設店舗がありました。
寒い中、たくさんの人がグリューヴァインを飲みながら、クリスマスマルクトを楽しみます。


C.G(日本)