2012/12/10

Post

        

スポンサーサイト

category - スポンサー広告
--/ --/ --
                 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
                         
                                  
        

フィンランドのお土産

category - 未分類
2012/ 12/ 10
                 
フィンランドは高福祉国家のため物価は高く、
シンプルの極みといったものが多いですが、その一部をご紹介します。

ちょうど我が家のサンタクロースが出張土産に買ってきてくれたクリスマスものがあります。
12月6日は独立記念日、街はクリスマスまで華やかに盛り上がります。


aarikka(アーリッカ):木製のアクセサリーや飾り物など。
堅い木で質感も上質で肌ざわりもよく愛でられます。
高い割に価値がわかりにくく、他国製と思われるとやや残念。

フィンランド 3

フィンランド 4


marimekko(マリメッコ):テキスタイルのメーカー。
ウニッコと呼ばれるデザインが世界中で有名。
そのモチーフの紙ナプキンは軽くてかさばらないのでちょっとしたお土産に最適。

フィンランド 9


iitala(イッタラ):ガラス製品のメーカー。
写真は世界的に有名なAalto(アールト)のデザイン。

フィンランド 13


ARABIA(アラビア):質実剛健、シンプルで実用的な食器類は
レストランや家庭で愛用されています。
食洗機やオーブンへの適応能力はばっちりです。

フィンランド 5


ムーミンシリーズは毎年ニューデザインを発表。
大きなスーパーでも購入でき、お土産に最適なひとつです。

フィンランド 10


KALEVALA(カレワラ):カレワラはフィンランドの民族叙事詩であり、
神話や伝承から生まれたジュエリーが人気です。大ぶりで個性的で複雑なデザインが北欧的です。

フィンランド 6



Xylitol製品:子どものお友だちやママ友にキシリトールガムやキシリトール入り歯磨き粉は
お土産に手軽です。

フィンランド 7

Fazer(ファッゼル)のチョコ:‘芸者チョコ’はヘーゼルナッツ入り。
CMでは芸者さんが出演しています。
ロシアを打倒した日本びいきのお国柄がこんなところに・・

黒パン:私の大好物です。ちょっと酸味がありますが、やみつきに・・
日本では手に入らない商品で、日持ちがするので多めに買ってきてもらいます。


フィンランド 12



ジンジャークッキー:クリスマスのマストアイテム。
ジンジャーとシナモンやクローブを混ぜ自家製でツリーにも飾ります。

グロッギ:こちらも冬の定番。温めて飲みます。
お酒入りとお子様向きと、各社からのをお好みでチョイス。

フィンランド 8



これらに囲まれ暖炉とろうそくの火を眺めながら過ごす長い冬の夜・・・

日本とは時間の流れが違います。思い出すと恋しくなってきます~❤



A.S.(元ヘルシンキ在住)


                         
                                  
    
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。