2016/03/28
2016/03/09

2016年03月

        

パティスリー(patisserie)

category - 未分類
2016/ 03/ 28
                 
フランスやベルギーでは、ケーキや洋菓子を売っている店のことを
パティスリーと呼んでいます。
パンの専門店はブランジュリーと呼び、
パティスリーと一緒に経営していることも多いそうです。

私の住む街ではパティスリーとブランジュリーが一緒になっていて、
カフェを併設しているお店をよく見かけます。

IMG_1364[1]

ケーキやエクレア、マカロン、メレンゲのほかに、
チョコデニッシュやクロワッサンなどもあり、
日本のものよりひと回り以上大きなサイズです。
日本では高価なエシレバターを使っているものもあり、とても美味しいです。

IMG_1358[1]


しかしカロリーのことを考えると、毎日というわけにはいきません。


IMG_1360[1]


先日主人と散歩に出かけたとき、大きなメレンゲを見かけました。
砂糖の塊・・・とわかっていても、主人と二人でひとつを食べたところ、
やっぱり甘くて、すぐにコーヒーを注文しました。
時々こんな失敗もありますが、こちらに住んでいる間に、
パンやケーキ、洋菓子の名前をたくさん覚えられたらいいなと思っています。

T・K(ベルギー)
                         
                                  
        

ベルギーでのテロ                     

category - 未分類
2016/ 03/ 24
                 
3月22日朝、地下鉄や見慣れた空港ロビーが
悲惨な光景になっているのをテレビで見て、凍りつくような思いでした。
私も出張が多いので、ブリュッセル空港は毎週のように利用しています。

22日も午後からスイスへの出張がありましたが、
飛行機がキャンセルされたので、ドイツのデュッセルドルフまで車で行き、
そこから飛行機でスイスへ向かいました。
車での道中、オランダやドイツとの国境付近では
車内をチェックする臨時の検問がありました。
ドイツの空港はどこも普段からセキュリティチェックが厳しいので、
特段変わった様子はありませんでしたが、兵士の数は多かったような気がします。


23日のデュッセルドルフからの帰路も順調でしたが、
反対車線がベルギー国境付近で大渋滞していました。
23日から、ベルギーから隣国(オランダ、フランス、ドイツ)との国境で、
検問を行っているようです。


海外生活を送る上では緊張感が必要だと思いますが、
こういったテロに対して私たちには防ぐ手立てがありません。
以前アメリカに駐在していた時には9.11同時多発テロに遭遇しましたが、
その時も同じことを思いました。

犠牲になった方々のご冥福をお祈りするとともに、
負傷された方々の一日も早い回復を願っております。

そして、ベルギーをはじめとする世界各国に
平穏な日々が戻ってきますように。


M.K(ベルギー)
                         
                                  
        

ベルギーの今

category - 未分類
2016/ 03/ 09
                 
昨年ヨーロッパで起こったテロの影響を受けて、
ブリュッセル空港や主要な駅では警備を強化しています。
警戒レベルが下がった現在でも、巡回している兵士の数は
あまり減っていないと思います。

IMG_1305[1]


昨年11月、日本からの直行便が就航しましたが空席が多いような気がします。
ブリュッセルのクリスマスマーケットも閉店時間が早まったり、
新年を祝う花火の催しが中止になりました。
しかし、市民は平穏な生活をしています。

IMG_1164[1]


これから春に向かってカーニバルが催されますし、花が美しく咲く季節になります。
春から初夏はベルギーのベストシーズンなので、
美しいお花を見て美味しい料理を食べにいらしてください。

T・K(ベルギー)