2015/11/27
2015/11/20
2015/11/18
2015/11/17
2015/11/15

2015年11月

        

ベトナムの交通事情

category - 未分類
2015/ 11/ 27
                 
ご存知の方も多いと思いますが
ベトナムの街の風景で印象的なのが、
道行くバイクの多さです。

ベトナムの主な交通手段はバイクです。
経済が発展するにつれて自動車を所有する人々も増えてきましたが、
まだまだ一般人にとっての「足」はバイクです。
しかも、どんな近いところでもバイクで行くのが普通で、
ベトナムの街中で歩いているのは観光中の外国人ぐらいです。

一台のバイクに2人乗りは当たり前、
時には、3人、4人、
しまいには、一家5人が一台のバイクに乗って「お出かけ」するのも珍しいことではありません。
原付バイクの一番前で
運転するお父さんの足の間に小さい子供が立って乗っていることもあり、
見ていて恐ろしいほどです。

また、物を運搬するのにもバイクを使うのが一般的です。
日本でバイクで何か運ぶというと、
郵便や新聞、また宅配寿司やピザぐらいしか思い当たりませんが、
ベトナムでは「それをバイクに乗せる
と目を疑うほどの巨大な荷物をバイクの荷台にくくりつけていたり、
二人乗りの後ろの人が巨大な荷物を必死に抱えていることもしばしばです。
おそらく将来的には、小型トラックやライトバンなどが普及していくでしょうから
このベトナム名物の光景が見られるのも、今のうちだけなのかもしれません。

kinkanbike.jpg

nimotsu.jpg

街に溢れるバイクや車の交通マナーはお世辞にも良いとは言えません。
昼夜を問わずクラクションが響きまくり、
また、日常茶飯事に発生している渋滞の原因は、
お互いまったく譲らず突っ込んでいくバイクや車であることがしばしばです。

さらにそのような渋滞時には、
路肩どころか歩道を走っていくバイクにもよく遭遇します。
ですので、ベトナムでは、歩道を歩いているときでさえ注意を怠ることができないのです。

また、バイクの波がとめどなく押し寄せる道路を横断するのは、
外国人にとっては至難の業です。
最初の頃は、同じように道を渡ろうとしているベトナム人のおばあさんなどにくっついて、
同じタイミングで渡っていました。

ベトナム人を見ていて徐々にわかってきた「無事に横断するコツ」は、
一度渡り始めたら決して途中で立ち止まることなく、
渡り終わるまで常に同じスピードで歩くこと、
また、こちらに向かってくるバイクの運転手の顔を一人ずつ順番に見て
「渡ってますよ」と目を合わせてアピールしながら歩くこと。
これを守ると、バイクの方が次々とうまく横断者をよけてくれて、
無事に道を渡ることができます。

last.jpg
「以上、ベトナムのハノイからおつたえいたしました

A.K(日本)
                         
                                  
        

イギリスの交通事情➂「番外編」

category - 未分類
2015/ 11/ 20
                 
Hara3-1.png
hara3-2.png

歩行者が見る信号機にこんな人の絵が描かれているものがあります。
 
横断歩道で、小さなお子さんを連れている親御さんが、
「レッドマンだね。ストップしましょうね」
「グリーンマンに変わったわ。レッツゴー」
なんて口にされていたのを聞いたことがあります。
こんな風にイギリス人は子どもたちに交通ルールを教えているのですね。

T.H(日本)
                         
                                  
        

イギリスの交通事情➁「ランダバウト」「監視カメラ」

category - 未分類
2015/ 11/ 18
                 
イギリスで運転する上で特に気になるのは
「ラウンダバウト」と「交通監視カメラ(設置台数、世界トップ)」の存在です。

Hara2.jpg

ラウンダバウトroundaboutは、日本風に言うと「ロータリー」=円形交差点です。
やっかいなのが、この写真のような大きな交差点でもだいたい信号がないこと。
すでにラウンダバウトの中に入っている車が優先されます。
イギリスでの進行方向は時計回りですから、
右方向から左に向かっている車が優先されるのです。

この「交差点」に差し掛かっても、右から車が来なければ、
一時停止もせずラウンダアバウトに突入します。
日本の感覚で下手に一時停止すると、後ろから来た車に追突されるからです。
ウィンカーの出し方、レーン取り、目指す出口での抜け方・・・
慣れるまでのパニック要素は満載です。

出口の方向が分からずに停止したり、
ラウンダバウトを結果的に何周もしてしまったり、
最初はみんな通る道です。
習うより慣れろ、とも言いますが、
最初はまず仕組みや基本理論を頭に入れておいた方がよいと思います。

もう一つの気になる存在は、「交通監視カメラCCTV」です。
Hara2-2.jpg

自分の運転は気付かぬところで無数の監視カメラに記録されています。
そしてその膨大な記録はくまなくチェックされています。

駐車違反、スピード違反はさることながら、
バスレーン立ち入り走行、keep clear エリア内の一時停止、
コンジェスチョンチャージ(渋滞税)エリアに立ち入りしたのに未納税・・・・
一瞬の出来事で自分でも犯した覚えのないことが、
発生日から数日もしないうちに、自動車が登録されている住所宛に、
証拠写真付きで罰則通知(PCN: Penalty Charge Notice)が届きます。

Hara2-3.jpg

このPCNで更に驚くのが、
通知受け取り2週間以内におとなしく何も文句を言えず払えば、
罰金半額にして「あげる」と言う記載。
運が悪かったと言われるがままに払う運転者の多いでしょうね。

T.H(日本)

                         
                                  
        

イギリスの交通事情①「ゼブラクロッシング編」

category - 未分類
2015/ 11/ 17
                 
Hara 1

この写真を見て、ピンと来た方は、イギリスが産んだ伝説のグループ、The Beatlesのファン?
彼らのアルバム「Abbey Road」のカバーとなったこのロケ地。

イギリスには、タイプの異なる横断歩道が数種類存在します。
その中で、「ゼブラクロッシングZebra Crossing」と呼ばれる、
このようなシマシマ模様の横断歩道には信号はなく、
代わりに両岸には点滅する黄色の球体が乗っかった白黒ポールがあります。

運転中、この球体が視界に入ったら、周辺の歩行者に意識を向けましょう。
この横断歩道は、「絶対・歩行者優先」。
歩行者は接近してくる車の存在に気付いていても、
当然停止してくれる、とばかりに渡り始めます。
渡ろうとしている歩行者がいるのに、徐行が足りず、
「えーーい。行ってしまえ」と歩行者の前を横切った後、
バックミラーを覗けば、必ずや歩行者はクルマに向かって悪態をついていることでしょう。

歩行者が渡り始めていたら、車はもちろん停止。
渡るそぶりを感じたら、停止。
ここで一時停止しなければ罰金。
かつて死亡事故を起こした運転手が終身刑を科されたとか。

写真のAbbey Roadの横断歩道は車の往来が多い場所にあります。
ビートルズと同じポーズで写真を撮ろうとする観光客も多く集まり、
車はルール上(苦々しく??)停止せざるをえず渋滞します。

交通の妨げにならないようできるだけ短時間で済ませたいですね。
(と当時の自分のマナーを反省しながら、文末の言葉にかえさせていただきます…)

T.H(日本) 
                         
                                  
        

ヨーロッパでの運転 

category - 未分類
2015/ 11/ 15
                 
海外で車の運転をしていると
マナーの悪さに驚かされることがあります。

写真は、先日出張先のイタリアで見かけた光景です。

Turin Parking

「この道路を工事するので駐車を禁止する」と看板が出ていても
お構いなしに駐車されています。
これでもかというほどの駐車禁止マークとその前に堂々と駐車された車・・・・
朝になったら動かすから大丈夫と思っているのでしょうか
これは驚くというより、笑ってしまいました。

Roundabout.jpg

上の写真はヨーロッパで多く見かけるRoundabout
ヨーロッパに転勤してきて運転を始めた時
このシステムに慣れるまでは少し緊張しました。
中央には植え込みやモニュメントがあることが多く、景観が美しいです。

制限速度ベルギー1

この写真のように、ヨーロッパの高速道路では
制限速度がその時の交通量に合わせて変更されます。
また事故や工事のマークも、ここに表示されます。

ベルギー道路工事

道路の補修工事をする時には片側車線を大胆に制限して
工期の表示もなく長期間作業をするので
いつもあちらこちらで渋滞しています。

日本で道路工事が行われる時は
工期が表示されて最小のスペースで作業をし
利用者に配慮されていることが多いですが、ヨーロッパは違います。
朝、出勤する時に突然通行止めに出くわしても、最近は驚かなくなりました。
「新しい行き方を見つけられた!」と思えるようになった今日この頃です。

M・K(ベルギー)