2015/05/31
2015/05/25
2015/05/09
2015/05/03

2015年05月

        

人気のあるスポーツ

category - 未分類
2015/ 05/ 31
                 
スポーツには言葉の壁がないとよく言われますが、

国によって人気のあるスポーツは違うのではないでしょうか。

その国ならではのスポーツや人気のあるスポーツを教えてください。
                         
                                  
        

イングランド生まれのスポーツ『スカッシュ』 ー東京2020オリンピック新種目有力候補?ー

category - 未分類
2015/ 05/ 31
                 
スカッシュは、イングランド生まれのテニスに似たラケットスポーツです。
四方を壁に囲まれたコートの中で、ほとんど弾まない小さなボールを打ち合う
非常にスピード感あふれる試合を展開します。
先頃、東京2020オリンピックの新種目候補にあがった時、
もしかしたらテレビでご覧になった方もいらしたのではないでしょうか?

スカッシュは、日本での知名度は低いのですが、
実はラグビーのようにその昔英国紳士の子弟が通っていた
伝統的な全寮制私立校(Harrow校)で、1800年代頃考案されました。
その後、他の学校に普及し、現在では世界各国に広がっています。

スカッシュ1

英連邦に属する70ヵ国余が4年に一度競い合う大会
「Commonwealth Games」の正式種目にもなっており、
英国と歴史的に関係の深い国では一般的なスポーツです。
伝統好きの英国らしく、スカッシュ発祥の地であるHarrow校と
宿敵のライバルEton校の間では、今でも毎年対抗戦が行われ
その伝統が脈々と受け継がれています。

スカッシュはまた体育の種目として選択することもでき、
英国人にとっては幼い頃から親しむ機会があるスポーツです。
室内競技であることから一年を通して天候の優れない英国に適したスポーツでもあります。

スカッシュ2

約10m×6.5mのコートは、
元馬小屋や工場など天井の高い建物を改築して作られている事も多く、
コミュニティーにとけ込むように街のあちらこちらでみることができました。

こうしたコートは、近隣住民に支えられる会員制クラブとして存在し、
おじいちゃんおばあちゃんの代から孫へと受け継がれ、
家族ぐるみの社交場になっています。
どんなに小さなスポーツクラブでも、
そのクラブハウスには必ずといっていいほど
コーヒーやタップビアが飲めるカウンターバーがあり、
パブ文化を持つ英国らしいつくりでした。

スピードと体力が必要な運動量の激しいスポーツですが、
一方でチェスのように相手の動きを読みながら
ボールをコート内に落としていくという知的な側面もあり、
体力だけのスポーツではないため、老若男女が自分にあったスタイルで楽しんでいます。
週末のスポーツクラブは、ひと汗流した後
ビールを片手に談笑する家族や友人達の姿であふれていて、
運動するわけでもないのになんとなく人恋しくなると行きたくなる場所で、
もう一つの居間のようでもありました。

もし、英国に滞在の機会がありましたら、
こんな形で英国の生活にとけ込む方法もあるので、お試しください。

K.M.(日本)
                         
                                  
        

アメフト人気の秘密

category - 未分類
2015/ 05/ 25
                 
アメリカでは何と言ってもアメフトです。

息子達か小学校から高校卒業まで過ごしたアメリカでの生活の中で
アメフトがどうして人気があるのか?といつも思っていましたが、
今回少し分かった話を紹介します。

アメリカの地方都市において、アメフトは娯楽のひとつです。
子供の時からおじいちゃん、お父さんと地元の高校、大学の試合を観戦し、
夢と憧れで成長した子が大人になり、その子供に受け継ぐ。。。
地元のフットボールスピリッツの継承が人気に繋がるのだと確信しました。

まさに地元フットボールファンのサポートがあってこそ
アメフト人気が成り立っているのです。

アメフト1

シーズンが始まると、試合日程・選手紹介等が掲載されたプログラムが発行されます。
試合時には売店でロゴ入りTシャツやプログラムが発売され、
飛ぶように売れます。

アメフト4

試合後はローカルテレビで試合が放映され
選手達は一躍地元のスター選手となります。
叶わぬ夢とは思いつつ誰もが熱くなる時期となり、
これを見て育ったちびっ子達は益々夢と憧れが大きくなります。

そして、この地で育った息子達もアメフトに憧れ、
高校では幸運にも二人とも選手になることが出来ました。
息子達もご多分にもれず、
人生で初のスター気分を数年間味わったようです。

そして、アメフト選手の憧れに
スタジアムジャンバー(アワードジャケット)は欠かせません。

エンブレムにはそれぞれ意味があり
今回写真と共に少しご紹介いたします。

まずスクールカラーは黒と黄色。
学校のイニシャルは左胸に。左腕にはポジションと背番号。
左肩は州の優勝した時のエンブレム。

アメフト2

右胸と右肩のエンブレムはアメフト部在籍の証。
右腕には学業と両立できた証のエンブレムです。

アメフト3


最後まで選手として高校で席を置いた生徒だけが着用できるジャケットで、
自身の学生生活における運動部での活躍を胸に刺繍で刻んだジャケットを着ることが
誇りであり憧れでもあるようです。
ジャケットひとつでも憧れをもたせる。
これもアメフト人気の一つでしょう。

将来プロ選手となり、その高校時のジャケットがプレミアが付くこともあるそうです。

そして我が家の2枚のスタジアムジャンバーは?
クローゼットの奥に、日の目を見ることも無くずーっと眠り続けています。

それでもとっても良い我が家の思い出です。

M・N(日本)


                         
                                  
        

ヤンキースタジアムのバックステージツアー

category - 未分類
2015/ 05/ 09
                 
アメリカの国民的スポーツといえば
アメリカンフットボールと並んでメジャーリーグ(MLB)も大変人気があります。

我が家は西海岸に住んでいましたが、MLBの試合は頻繁に見に行っていました。
家族でニューヨークに旅行した時は、
長男が大好きなヤンキースタジアムに試合を見に行きました。

スポーツ(TK1)

デーゲームがない日は、バックステージツアーが開催されます。
これは事前申し込みが必要な定員制で有料です。
球団事務所前から入場し、
テレビ局が実況放送をする放送席からグラウンドを眺めましたが
その広さに圧倒されました。

スポーツ(TK2)

写真撮影はできませんが、選手のロッカールームにも案内してくれました。

次に外野にある歴代ヤンキース選手の
ホールオブフェーム(hall of fame=殿堂)を見学しました。
永久欠番や記念碑について詳しく説明をしてもらい、
実際に間近でベーブ・ルースやルー・ゲーリックの記念碑を見ることができました。

スポーツ(TK3)

そして外野から内野に向けてグラウンドを歩きました。
手入れが行き届いたグラウンドの芝生は青々としており、
ちょうど朝の雨が上がってキラキラ光っていました。

スポーツ(TK4)

憧れのベンチに座ってみましたが、椅子が浅く、地面は泥がたくさんありました。
「ここで選手がスポーツドリンクを飲んだり
スパイクの泥を落としてるのかと思うとドキドキする」
と子ども達が喜んでいました。

スポーツ(TK5)

私たちが訪れたのは2006年でしたので、今の球場ではなく、古い球場の時です。
そのときすでに隣で新球場の建設が始まったばかりでした。
施設のあちこちに古さが目立ちましたが、歴史の重みを感じる重厚な造りでした。

スポーツ(TK6)

最後に球団事務所から出るのですが、
一番いい位置に松井選手のパネルが飾ってあり、
日本人としてとても嬉しかったです。

MLBの球場にはバックネットがありません。
ボールが飛んできた時に危険だとは思うのですが、
それよりも選手とファンとの距離の近さや臨場感を大切にしているのだそうです。

MLBは人気があるスポーツだからこそサービスも一流だと、
このツアーに参加して改めて感じました。


T・K(日本)
                         
                                  
        

幼稚園

category - 未分類
2015/ 05/ 04
                 
日本では4月は入園・入学の季節です。

幼稚園ではお子さんが作ってきた作品や行事等、

国が違ってもその国ならではの思い出があるのではないでしょうか。

皆さんの思い出を是非紹介してください。



                         
                                  
        

ベルギーの幼稚園

category - 未分類
2015/ 05/ 03
                 
娘達が通ったベルギーの幼稚園は、2歳半から入園できました。
幼稚園と小学校はつながっていて
長女は3歳から帰国する小3までの6年間、
次女は2歳半から6歳までを過ごしました。

登園した時には先生(マダムと呼びます)の目を見て「Bonjour」と言い、
挨拶のキスをします。
挨拶には厳しく、きちんと出来ないと出来るまで何回もやり直しでした。
マダムは専用の教室を持っていて、
様々な飾りつけがしてありました。

幼稚園ベルギー5

日本の幼稚園と大きく違うところは、
「運動会」と「お遊戯会」がないところだと思います。
「お遊戯会」はやっていた時期もあったそうですが、
親からの注文が多いのでやらなくなったと聞きました。
幼稚園によっては、やっているところもありました。

ぶどう狩りやキノコ狩りに行ったり、
博物館にもたくさん連れて行ってもらいました。

幼稚園ベルギー6
(取ったキノコを焼いてもらっているところ)

また、いろいろな作品も作ってきました。
それらの一部は今でも玄関に飾ってあります。
思い出の作品は沢山ありますが、
その中で二人の絵を紹介したいと思います。
一つ目は次女が初めて描いてきた本の絵です。

幼稚園ベルギー2

マダムが本を読み、その後で印象に残った場面を描いたものです。
これがきっかけで『にじいろのさかな』シリーズは大好きになりました。
フランス語、英語、日本語の3か国語の本を持っています。

二つ目は長女がスタージュ(夏期保育)で描いてきたものです。
ベルギーのナメクジはとても大きく小枝と見間違えるほどで、
次女を乗せていたベビーカーでひかないようにするのは大変でした。
4歳の長女にもとても印象が強かったのでしょう。
「メッショーン(意地悪)と言いながら火を噴いているの。」と
説明していました。

幼稚園ベルギー3

「ひえー」と手を挙げているのは、長女と私だそうです。
ナメクジの方が大きいですね。

R.S.(日本)