2014/11/27
2014/11/23
2014/11/21
2014/11/01

2014年11月

        

世界遺産の宝庫

category - 未分類
2014/ 11/ 27
                 
2014年現在、中国の世界遺産は47箇所。
世界遺産が50箇所あるイタリアに続く、世界遺産大国です。

首都の北京には、6箇所の世界遺産があり、
世界中で世界遺産の数が一番多い都市なのだそうです。

北京市郊外には「万里の長城(八達嶺)」「明の十三陵」「周口店北京原人遺跡」
北京市街地には「故宮博物館」「天壇公園」「頤和園」
さらに日帰りできるところに「清の西陵」「清の東陵」もあります。

「万里の長城」は月から見える唯一の建造物。
万里の長城

壮大な長さを誇りますが、
この八達嶺は常に観光客でいっぱいです。
長城

北京市内からは「明の十三陵」も同じ方向なので
一緒に回ることができます。
碑楼

「神道」と呼ばれる十三陵へ続く道には
獅子や麒麟、武官などの石象が並びます。
明の十三陵

こちらはTVなどでお馴染み、「故宮」の正門、天安門。
故宮1

「天安門」の反対、裏側にある景山公園の頂上から見ると
その雰囲気は異なります。
故宮2
中の展示物を全て見るには1日では足りないかもしれません。

「天壇公園」の象徴とも言える、この「祈念殿」は有名ですが、
天壇公園

その少し南側にある「皇穹宇」の内部も歴史的な装飾が施されています。
天壇

商業ビルやホテルが建ち並び、近代的な街に変貌した北京ですが、
こうした建造物には歴史の重みと魅力が詰まっています。

Y.I(日本)

                         
                                  
        

世界自然遺産 イエローストーン国立公園(アメリカ)

category - 未分類
2014/ 11/ 23
                 
サンフランシスコに住んでいたころ
毎年夏休みにアメリカの国立公園に出かけていましたが、
中でも一番素晴らしいと思ったのがイエローストーン国立公園です。

世界自然遺産に登録されているイエローストーン国立公園は
世界初の国立公園で、
アイダホ州、モンタナ州、ワイオミング州にまたがっており、
広大な面積があります。

国立公園内は
真っ青な湖面のイエローストーン湖のある「レイクカントリー」、
間欠泉で有名なオールドフェイスフルのある「カイザーカントリー」、
マンモス・ホットスプリングスがある「マンモスカントリー」、
大峡谷や滝が見られる「キャニオンカントリー」、
そして
バッファローやバイソンの群れを見ることができる
「ルーズベルトカントリー」の5つの区域に分けられており、
徒歩やレンタカーで巡ることができます。

モーニンググローリー2[1]

朝、早起きして遊歩道を散策すると、
輝くように美しい湖を見ることができます。

イエローストーン014_4

一番高く間欠泉が吹き上がる
「オールド・フェイスフル・カイザー」の前は
一日中多くの見物客がいます。

約1時間おきに4万リットルもの熱水を約40~60mの高さに、
約5分間噴き上げます。
120年以上もの間、その名の通り「忠実」に
一定の噴出時間や間隔、高さを保っているそうです。

マンモスホットスプリングス

マンモス・ホットスプリングスは
オールド・フェイスフル・カイザーの北側、
モンタナ州と接するところにあり、
写真のような「テラス・マウンテン」が有名です。

温泉に含まれる石灰分が蓄積されて幾重にも重なってできたそうで、
成分が違う様々な色をした層も見ることができました。

ロウアー滝 186[2]

イエローストーンの名の由来は、
写真のように硫黄分を含んだ絶壁が
長く続いていることから名付けられたと言われています。

吸い込まれてしまいそうな大峡谷に、
私たちは足がすくんでしまいました。

バッファロー 182
(バッファローの写真)

私たち家族は間欠泉や湖の他に
ムースやエルク、ミュールジカ、ミーアキャットなど
多くの野生動物を見ることができ、とても感激しました。

イエローストーンはアメリカの雄大な景色と、
動植物たちの生命力、
そして自然が生み出す不思議な現象を
すべて味わえるところです。

マウントラシュモア 027

また、ラピッドシティーからイエローストーンに向かう途中、
歴代大統領の彫刻で有名な「マウントラッシュモア」や
未知との遭遇の撮影に使われた
「デビルスタワー」に立ち寄ることができます。

機会がありましたら時間をかけてゆっくり訪れてみてください。



T・K(日本)
                         
                                  
        

世界文化遺産 アントワープのノートルダム大聖堂 

category - 未分類
2014/ 11/ 21
                 
ノートルダム大聖堂1

私の住むアントワープには、
世界文化遺産「ベルギーとフランスの鐘楼群」に
登録された56の鐘楼のうち
「ノートルダム大聖堂」があります。

ノートルダム大聖堂とブラボーの銅像をバックに
マルクト広場から眺めた映像が、
ベルギービールのCMとして日本で流れているので
馴染みがあると思います。


ルーベンス三連祭壇画

大聖堂の内部にはルーベンスの祭壇画が多数あり、
「フランダースの犬」の少年ネロが
物語の最後で見たと言われている絵が鑑賞できます。

ノートルダム大聖堂2

世界遺産に認定された鐘楼から、毎正時、
美しい鐘の音がアントワープの町中に響いています。

フルン広場

大聖堂の裏手にあるフルン広場にはルーベンスの像があり、
こちらからの眺めも素晴らしいです。

フランダースの犬石碑

「フランダースの犬」の舞台となったホーボーケンには
ネロとパトラッシュの銅像がありますが、
ノートルダム大聖堂の正面には写真のような石碑が設置されています。

ベルギーではこの物語があまり有名ではないので、
普段は多くの観光客が腰を降ろしていて
写真を撮ることができないのですが、
雨上がりで濡れていたので運良く撮影できました。

マルクト広場

こちらのマルクト広場にある市庁舎も
「ベルギーとフランスの鐘楼群」の一部として登録されています。
市庁舎前にはブラボーの像があります。

ブラボーという古代ローマの兵士が
シュヘルド川で猛威を振るった巨人アンチゴーヌの
「手=アント」を切り取って「投げた=ワープ」という伝説から、
「アントワープ」という地名がついたとされています。

大変有名な銅像ですが、
よく見ると手を投げようとしており、
地名の由来を聞くと戦いの歴史がわかるような気がしました。


M.K(ベルギー)

                         
                                  
        

運動会

category - 未分類
2014/ 11/ 03
                 
秋もたけなわ、過ごしやすい季節になりました。

10月には体育の日もあり、「運動会」シーズンですね。

最近は春に行われることも多いようですが、季節は問いません。

運動会の思い出、エピソードなど、
皆さんのご投稿をお待ちしています。
                         
                                  
        

バンコク日本人学校の運動会と言えば・・

category - 未分類
2014/ 11/ 01
                 
バンコク日本人学校の生徒数は、
我が家が住んでいた当時は、小中合わせて2400人位いました。
運動会ともなると3500人を超える日本人が学校に集まるという、
バンコクの日本人社会にとっても一大イベントです。

バンコク運動会③

主役である子どものこともたくさんの思い出がありますが、
バンコクならではの運動会の思い出を書きたいと思います。

まずは交通手段です。
保護者が学校へ行くのも、この日はスクールバスを事前予約して乗ります。
子どもたちが乗って行ったバスが戻ってきて保護者を乗せるのですが、
この集合時間に遅れる事は許されません。
なぜならバスが早く着いた順に席取りをするからです。
何十台ものバスが着くので、遅くなればなるほど到着も遅れてしまうので、
毎年ドキドキしながら10分前集合していました。
帰りもバスで帰るので、勝手に帰ることはできません。

席取りは、暑い中で一日過ごすので場所選びがとても重要です。
1年目はバスが着いてみんなが歩く方向について行って、
空いていたテント下の保護者席に陣取りました。
日陰でもあり、一見ナイスな場所に見えましたが、
風は通らないし、
前日の大雨を含んだ土からシートを超えて茶色い水が滲みでてくるわ、
前はよく見えないわ、西日は入ってくるわで最悪でした。

2年目は駐車場上に挑戦。
上から見下ろすので全体は見渡せるのですが、
コンクリートの上なので暑いし、
何より金網越しで見るのはテンションが下がります。

バンコク運動会④

3年目以降は体育館前にしました。
ここがなかなか良くて、ひさしがあるし、風は通り、
暑くなったら体育館で休むということができ、
私たち夫婦にとってのベストポジションとなりました。

そして運動会といえばお弁当ですが、
保護者のお弁当はお店に事前予約をしておくと、
学校の入口まで届けてくれるという便利なシステムがありました。
朝は忙しいので、自分たちの分のお弁当を作らなくていいのは
とても気が楽で助かりました。

友人と「〇〇亭」にする?
それともいつも配達を頼んでいる「〇〇やさん」にする?
「〇〇」は去年美味しくなかったらしいよ?!と、
どこのお弁当にするかお喋りをしたのも
今ではいい思い出となっています。

バンコク運動会②

K.Y.(日本)