2014/09/30
2014/09/23

2014年09月

        

隣のペット

category - 未分類
2014/ 09/ 30
                 
NYに住んでいたころ、隣の家にはシベリアンハスキーのマックスがいました。

犬好きの私は、マックスの凛々しさに一目ぼれしてしまい、
なんとか仲良くなろうと頑張ったのですが、
いつも吠えられてばかりでした。

そんな私の様子を見て、 マックスの飼い主のパトリシアが、
マックスを散歩に連れていくことを提案してくれました。

マックスは散歩が大好きだったので、
一緒に散歩に行ったらすぐに仲良くなれました。

それから私は、毎日のようにマックスを散歩に連れ出し、
帰ってきてからは庭で遊んだり、まるで我が家のペットのように可愛がっていました。


隣のペット


そんな時、事件は起きました。
マックスと一緒に庭で遊んでいたら、
マックスがいきなり向かいの家に猛スピードで走り突入したのです。

マックスは、individual fenceという、
庭からでると首が刺激される首輪をしていました。
なので、庭で放し飼いにしていても、庭から出ることは絶対なかったのに・・・。

私は何が起こったのかわけがわからず、びっくりしていると、
マックスは得意気な顔をして、何かをくわえて戻ってきました。
今風に言えば「とったど~」という感じです。

それは、最近向かいの家で飼い始めた子ウサギでした。
もう私はパニック状態!

尻尾を振りながら戻ってくるマックスに、思わず「NO!」と言ってしまいました。
マックスは私にほめてもらえると思ったのでしょう。
でも、私の反応が違ったので、マックスは私を威嚇し始めました。

子ウサギの飼い主さんも、もちろん大パニックです。
警察にまで電話をされて、警察官が来たときはものすごい剣幕で怒りはじめ、
とても私の英語力では対応できる状況ではなくなってしまいました。

私は、パトリシアの職場に電話をして、戻ってきてもらうようにお願いしました。
でもパトリシアが戻ってくるまで、本当に生きた心地がしませんでした。

隣のペット

パトリシアに一通りの説明をしたのですが、謝りまくる私にパトリシアは一言、
「あなたは何も悪くない、そしてマックスも何も悪くない。
マックスはハンターなの。そしてマックスはここに10年住んでいる。
そんな犬がここに住んでいることを知りながら、子ウサギを庭に放していた方が悪い」
とぴしゃり 。

子ウサギの飼い主さんが「訴える!!」と言い返したら、
パトリシアは
「訴えるなら、individual fenceの会社を訴えなさい。
マックスは庭から出ないようにこの首輪をしているのに、
飛び出してしまったのだから」と。

空いた口がふさがらない、とはこのことです。

私だったら、お菓子折りと、子ウサギの供養のための花束でも持って、
ひたすら謝るのに・・・。
文化の違いをまざまざと感じた出来事でした。


M.S(日本)
                         
                                  
        

伝説の鳥

category - 未分類
2014/ 09/ 27
                 
タイに8年半赴任している間は、出会いと別れの連続でした。
中々帰国の音沙汰がない我が家には、
多くの人たちが本帰国のお別れに訪れました。
そして、大概はハムスター・カメ・スッポン・金魚・うさぎ・猫・鳥など
飼っていた動物の置き土産をしていったものです。
それぞれに沢山の思い出があります。

中でも、思い出深いのはピッチとパッチという、つがいの白文鳥です。
この鳥は、長女が5年1組なった時に担任の先生が教室に連れて来た鳥です。
代々の5年1組がこの鳥のお世話をしていました。
子どもたちは、本当にかわいがって大事に育てていました。
ですが、先生の本帰国が決まり、
在タイの長そうな我が家で引き取ることになりました。
5年1組の鳥が居るということで、
元クラスメイトがよく我が家を訪れてくれたものです。


そんな矢先、コウモリがベランダに来て籠をひっくり返してしまいました。
パッチが籠から空へと飛んで行ってしまいました。
毎日捜していましたが見つからず、ピッチは寂しそうにしていました。
パッチのことが気になる中、2Km程離れたマンションに引っ越し、
パッチのことは諦めるしかありませんでした。

半年くらい経ったある日、元気の無かったピッチがいつになくピピピと鳴いて居ます。
なんと、籠の外にパッチが来ていたのです。
お互い張り裂けんばかりにピピピと鳴いています。
捕まえたいのですが失敗したら二度と来なくなるのではと心配で捕まえられません。
そこで餌を籠の外に掛けて置くことにしました。
毎日パッチはピッチを訪ねてきて、お互いを呼び合います。

そうこうするうちに鳥インフルエンザの兆しが忍び寄ってきました。
パッチが鳥インフルエンザに感染したら大変と捕まえる決心をしました。
ピッチの籠を毎日少しづつ家に近づけて、
そしてついに家の中、少し奥の方へ入れました。
物陰に隠れてじ~っと様子を窺い
パッチが入って来たとたん、必死で窓を閉めました。

パッチは狂ったように家を飛び回り最後は、窓に当たって失神してしまいました。
もしかして死でしまったのかしら?と思いましたが
籠の中でピッチが鳴いているのでそっと籠に入れました。
するとピッチは、水を口に含んでパッチに掛けています。
パッチが気がついて起き上がったときのホッとしたこと。

その後ピッチはパッチを水浴びの入れ物に「おいでおいで」と誘導して、
そこでバチャバチャとパッチに水をかけ続けていました。
毎日洗ってもらって、真っ黒だったパッチは
次第に元のような白い子になっていきました。

「伝説の鳥」と言って我が家に帰還したパッチとピッチを皆見に来ました。
本帰国するときは、アメリカ人の英語の先生がタイ永住だったので
お願いすることにしました。
「伝説の鳥だから神様のように大切にするね」と言ってくれました。

タイでの信じられない、温かい思い出です。
私達に沢山の幸せを運んでくれて沢山のことを教えてくれたピッチとパッチには、
今でも家族で感謝しています。

K.A(日本)
                         
                                  
        

タイ・バンコクで犬を飼うには?

category - 未分類
2014/ 09/ 23
                 
バンコクで娘が念願の犬を飼うことになりました。

現地でペットの犬を手に入れる方法を調べてみると------。
ブリーダーさんから直接、
ペットショップで友人・知人から譲り受ける等は日本と同じですが、
もう一つよく聞くのがウィークエンドマーケットで買う方法です。
タイ人だけでなく、日本人を含む外国人も買っています。

このウィークエンドマーケットは他にも食品・雑貨・衣類・お土産品など
広い敷地でいろいろな商品を扱っていますが、
その一角に犬・鳥・魚を始め
各種ペットやペットグッズを売っているコーナーがあります。
娘のお目当ての犬は、まだ目が開かないのでは?
と思うほど小さいパピー達から店頭に並んでいます。

その姿の可愛らしいこと!
しかも値段もブリーダーやペットショップで買うより安いんです。
但し、その分成犬まで成長できない等のリスクもよく聞きましたので
自信を持っておすすめはできません。
一応、同じアパートの“マーケット犬”達は 元気に成長はしていましたが。

結局、我が家のワンコは日本人経営のペットショップで出会いました。
バンコクでは、家族からは日本語、お手伝いさんからはタイ語、
お散歩仲間からは英語でも話しかけられていたので、
3カ国語を聞き分ける天才「トリリンガル犬に!?」と期待したのですが、
帰国後の今では夢破れて家族の「癒し犬」に落ち着いています。

八谷さんトイプードル

日本の冬は寒いから厚着してがんばるワン♪

Y.Y(日本)