2014/07/29
2014/07/27
2014/07/25
2014/07/05
2014/07/04
2014/07/03
2014/07/02

2014年07月

        

アメリカでのクッキング・パーティ

category - 未分類
2014/ 07/ 29
                 
誕生会といえば「自宅にお友達をお招きする」というイメージがありますが、
アメリカでは自宅以外で行う場合も多いです。

我が家は息子と娘がいますので、男の子向け、女の子向け、
みんなで楽しめる会になるように毎年考えていました。

小さい頃は自宅で手料理を振るまい、
スリープオーバー(お泊まり会)をすることが多かったです。

ボーリング場、スポーツクラブでからだを動かしながら楽しんだり、
みんなで映画を観てからレストランで食事をするパーティを催したこともありました。

また、ドレスをレンタルしてメイクをしてもらってリムジンでお出かけしたり、
サンフランシスコ湾をクルーズするパーティや、
MLBサンフランシスコジャイアンツのクラブハウスで行われるものなど、
日本では考えられないような豪華なパーティーに招待されたこともありました。


我が家で一番楽しかったのは、長女が10歳のお祝いに、
有機野菜で有名な「Whole Foods」のクッキングスタジオで行ったパーティです。

子どもの年齢に合わせて数種類のコースが用意されていて、
ゲストの中にベジタリアンやビーガンのお友達がいる場合など考慮して、
お店のスタッフと一緒にメニューを考えました。

アメリカ・クッキング・パーティ


子どもが料理をしやすいように下準備がされていましたが、
野菜やくだものを切ったり、ドレッシングを作ってあえたり、
炒め物をしたり、かなり本格的に料理をしました。

アメリカ・クッキング・パーティ


子どもには危ないところはスタッフの人が説明しながら料理を見せてくれます。

アメリカ・クッキング・パーティ


子ども向けのフルコース料理を完成させてみんなで食べた後は、
Whole Foodsのホールケーキでお祝いをします。
お店のスタッフがたくさん集まって、大合唱で祝っていただきました。

アメリカ・クッキング・パーティ


最後はバースデーガールが、ゲストのイメージに合わせたチョコフォンデュを作り、
「今日は来てくれてありがとう」とお礼をいいながら配って、お開きとなりました。

アメリカ・クッキング・パーティ


調理道具もエプロンも、クッキングスタジオの飾り付けも、
すべてお店が用意してくれました。

カリフォルニアの現地校では日本のような「家庭科」の授業がないため、
調理実習をしたことがありません。

食材の説明や簡単な栄養バランスの話しも織り交ぜてくれた3時間程のパーティは、
男女を問わず楽しみながら学ぶことができたので、とてもよい思い出になりました。


T.K(日本)














                         
                                  
        

誕生日会 at Art Space

category - 未分類
2014/ 07/ 27
                 
娘の誕生日会はいつも、お誕生日が一週間違いのお子さんと合同で開いていました。

ロンドンでは、子どもの誕生日会スペースを提供するお店が数多くあります。

この年は、工作教室で手作りバッグを作ったあと、
ケーキやお菓子を囲んでパーティができるArt Spaceを借りて行いました。

ロンドン誕生日会2

子どもたちは大はしゃぎ!
お店のスタッフに手順を教えてもらいながら工作にいそしんでいました。

出来上がりはこちらです。
今でも大切に飾っています。

ロンドン誕生日会4


また、お好みのイメージで誕生日ケーキのオーダーメイドもできました。
子どもが描いたスケッチ画をそのまま再現してくださいます。
(現地にお住いの日本人の方の制作です)

ロンドン誕生日会3

可愛らしいケーキに、夢が広がります。
娘たちもお友達も大喜び!

ロンドン誕生日会

思い出に残る、貴重なひとときでした。

S.N(日本)
                         
                                  
        

日本人学校のお誕生日会

category - 未分類
2014/ 07/ 25
                 
29歳の息子が北京日本人学校に入学した当時、
お誕生日会はクラスの男子全員を招待する
母親にとっては結構大きなイベントでした。

日程を設定するためには、先ずバスの手配をしなくてはなりません。
登下校はアパートのバスで、ほかのアパートの子に来てもらう時には
呼ぶ側のバスに乗ってもらいます。

バス委員さんに連絡して席が確保できる日程に決めて、
当日のバス当番さんにピックアップをお願いしてと奔走します。


当日は、食べて! 飲んで! 遊んで
誰が主役だかわからない大騒ぎ。
同じアパートのお母さんたちにもお手伝いを兼ねて参加してもらいますが、
夕方になるとお迎えのお母さんたちが下の子どもたちも連れてやってきて
巨大に膨れ上がったところで散会でした。

3年生の時のお誕生日会。
夕方ピンポ~ンと鳴って出てみると中学部の男の先生が。。。
「何があったんだろう?」と不安が過りましたが、
「今日は大変お世話になりまして。」

あ、先生、Hくんのお父さんだった。
学校帰りにお迎えしてきてって頼まれたのね。
お母さんとしかお付き合いがなかったのでビックリしたこともありました。


北京誕生会

お呼ばれした時には記念の写真もいただいて。
こちらは、大きな水墨画の飾られたお宅でしたね。

子どもだけで違うアパートと行き来できない中国で、
特に楽しみの少なかった当時の北京でのお誕生日会は
ほぼ毎月ある子どもたちの楽しいイベントでした。

Y.I(日本)
                         
                                  
        

もらって嬉しかったプレゼント 困ったプレゼント

category - 未分類
2014/ 07/ 05
                 
海外に居ると日本からいらっしゃる方からのお土産や、
思いがけなく現地の方から戴くプレゼント、
とても嬉しいものですね。

「嬉しかったプレゼント」
「気持ちは有難かったけれど、困ってしまったプレゼント」
などなど

皆さんのエピソードをお待ちしています。
                         
                                  
        

世界に一つだけの花束

category - 未分類
2014/ 07/ 05
                 
ロンドンに5年住んだ間、花束をいただいて嬉しかったことが2度ありました。

最初は、赴任直後。
一足先に渡英した夫が家を探し、とりあえず一人暮らしをしていました。
そこに私と子ども二人がやっと合流したその日です。

空港から直接車で新しい我が家へ到着、
「あ~、ここで新しい生活が始まるんだなぁ」と感慨深く眺めていると、
玄関に素敵な花束が置いてありました。

メッセージカードには、私たち3人の名前と“Welcome!”の文字。
その下に、3軒長屋のお隣のサインがありました。

どうやら夫が事前に「家族が来るからよろしく!」と、
友好関係の土台を作ってくれていた模様。
クールな印象だったイギリス人の温かい心遣いは、
それからの私たちの異国生活をずっと支えてくれることになりました。

各国だより写真(永根)


そしてもう一つは、子どもたちの現地校にて。

その学校では、Year6の最後に全員参加でミュージカルを上演しました。
シャイで舞台に上がることなど苦手な息子でしたが、
「ウエストサイドストーリー」のチンピラ(?)の役に一生懸命とりくみました。

練習、衣装など親がかりでやっと迎えた本番も無事終わり、幕が下りた時です。
担任の先生から「この公演は、お母さんたちの愛情なくしては成功しませんでした」
というような感動スピーチがあり、
それだけでも胸がいっぱいになっていた私たち。
そこに生徒全員が、会場にいる自分のお母さんを探して駆け寄りました。
その手には先生からのメッセージ“Thank you!”とともにかわいい花束が握られ・・

やっぱり、花束のチカラは偉大ですね。

M.N(日本)




                         
                                  
        

巨大なプレゼント!?

category - 未分類
2014/ 07/ 04
                 
今から10年程前、ルーマニア・ブカレストに住んでいました。
わずか1年間の駐在期間でしたが、思い出はどれもキラキラしていて、
心の宝石箱に大切にしまってあります。

さて、印象に残るプレゼントですが、
今までで一番、サプライズだったプレゼント。

それはこちら、巨大な花瓶です!

るまにあ

ルーマニアを去る前に、現地の会社の方々が贈ってくださったものです。

引っ越し荷物を出す前日、小さかった娘と家に居ると、
インターフォンがピンポ~ン!!
会社の専属ドライバーの方が、よいしょ、よいしょ、と大きな木箱を運んで来ました。

私たちはなんだろう、と口をポカンと空けて見ていると、
ドライバーさんはバリバリと箱を解体し、中身を出してくれ、
なんとびっくり、高さ80センチ程の、大きな花瓶が現れました。

素材は硬質なガラスでできていて、
水は上の部分しか入らないようになっています。

戴いた時は、あまりの大きさにただただ驚くばかりでしたが、
今は大切な思い出のひと品として、玄関に大切に飾ってあります。


S. N(日本)
                         
                                  
        

牛の置物

category - 未分類
2014/ 07/ 03
                 
娘をシンガポールで出産したのは今から15年以上前の事です。

主人の会社のスタッフから娘に色々プレゼントを頂きました。
24金のブレスレットやかわいいお花などとても感激しました。

でも1つだけ・・
丑年生まれの娘に金色の「牛の置物」が・・・。

写真

処分するのも申し訳なく、
15年以上も引越の度に持ち歩いてはいるのですが、
この牛ちゃんに似合うインテリアの部屋がありません。
娘がお嫁に行く時にこっそり荷物に忍ばせようかと考えてみたりしています。

今回、写真撮影の為に久しぶりに日の目を見た牛ちゃん。
心なしか目つきが悪くなっているような気がします。

K.Y (日本)
                         
                                  
        

たくさん貰っても。。

category - 未分類
2014/ 07/ 02
                 
中国駐在時には、現地の方からいろいろな贈り物をいただきました。

自分では買わなかった工芸品も
在住記念にとコーナーを作って飾っています。

中国贈り物1


中でも、一般的には入手できないと思われるこちらの書は
床の間に鎮座しております。

中国贈り物2

ご親族に少しばかり手助けした御礼にと
愛新覚羅家の方がしたためてくださいました。


中国では中秋節に月餅を配る習慣があり、そちらもたくさんいただきました。
中には茹でたウズラの卵が入っていたり、胡桃や胡麻などがたくさん入っていたり、
大きさも日本で売られているポピュラーな大きさから、
小さめのホールケーキの大きさまでさまざま。

それぞれ美味しいのですが、何十個といただくのでとても食べきれません。
周りの皆さんも同様に貰っているので差し上げる方もなく、本当に困りました。

「ローカルスタッフにも企業として月餅送るの?」と夫に聞いたところ、
「ポチ袋に現金入れて渡すよ、その方が喜ぶから」

なるほど。。。
中秋節の贈り物、新しい慣習となる日が来るかも?

Y.I(日本)