2013/12/28
2013/12/27
2013/12/02

2013年12月

        

フィンランドのリキュール

category - 未分類
2013/ 12/ 28
                 
北欧のラップランド地域は夏の白夜で有名ですが、
フィンランドは北の3分の1がここに属しています。
夏は夜でも沈まぬ太陽となり、さまざまなベリーがこの太陽の恵みを受けて育ちます。


フィンランド

こちらの写真右側のお酒はLAKKA【ラッカ】(英:Cloudberry)のリキュール。
ゴールデンベリーともいわれ、ラズベリーを黄色くした感じでプチプチした種もあり、
おもにラップランドで採れます。 

もう一つのお酒がMesimarja 【メッシマルヤ】(英:Bramble-Raspberry)。
トナカイが食べる木の実で「北の赤い真珠」と呼ばれてます。
他にもブルーベリーから造られる Mustikka 【ムスティッカ】や
リンゴンベリーから造られる Puolukka 【プルオッカ】などなど。

日本のTV番組「イッテQ」でお祭り男の宮川大輔さんが、
フィンランドの森でベリー摘み競争に興じたのをご覧になった方もいることでしょう。

フィンランド人は夏になると家族総出で、代々受け継がれてきた
秘密の?場所に群生するベリーをバケツ一杯摘みます。
長い冬に備えて、ビタミン豊富なベリーを冷凍したり、ジャムにしたり、
お酒にしたりして貯蔵します。
ビールや葡萄のワインでなければ家庭で醸造してよいため、
採取用の道具やお酒造りの機材まで各家庭にあります。

ヘルシンキ滞在中、インター校ママたちとのホームパーティーでは、
それぞれチャレンジ醸造したリキュールを楽しみながら、
野生ベリーをどこで見つけて摘んだか話題にしたものです。

フィンランド2

この写真は大麦を原料としたウオッカのKoskenkorva【コスケンコルヴァ】ですが、
黒いサルミアッキという独特な味付けがしてあります。

そのフレーバーはフィンランド人にとっては
なくてはならない病みつきにもなる代表的な味だそうですが、
それ以外の国の人にとっては、「世界一まずい味」といえるでしょう。
「探偵ナイトスクープ」(放送作家・百田尚樹)という番組で
かように認定?されたことがあります。

サルミアッキは塩化アンモニウム!!とリコリス(甘草の一種)によるもので、
いろいろな嗜好品として味付けに使われています。
キャンディーなどのお菓子からアイスクリーム、コーラや豚肉にまで味付けに使われ、
フィンランドでは子供から大人まで大好き。

お土産に買って配ろうものなら、その独特な味から大ヒンシュクな代物です。
見た目も黒に近い暗褐色で不気味さも申し分ない代物です。

写真のミニボトルは50ミリリットルで絵柄もかわいらしく、
置いて飾ってもインテリアになるし、
3ユーロ前後と手頃なのでお土産にも最適です。
 
A.S.(日本)
                         
                                  
        

Japanese "SAKE"

category - 未分類
2013/ 12/ 27
                 
私がカリフォルニアに住み始めた頃は、
日本酒は日本料理店や寿司店で美味しい料理と一緒にいただいたものでした。

しかし、最近は少し様変りしたようです。

01.jpeg

サンフランシスコの北にあるUCバークレー近くの3rd street、
おしゃれなショップが建ち並ぶ一角に日本酒メーカーのテイスティングルームがあります。
近くには地元カリフォルニアワインのテイスティングルームもあるのですが、
日本酒メーカーのテイスティングルームがリニューアルされて気軽に入れる雰囲気になりました。
5ドルを払えばテイスティングができ、地元の人々をはじめ、
学生の多いエリアなので若者も訪れています。

02.jpeg

インテリアも日本家屋を彷彿とさせるデザインになっていて、
日本酒の歴史や製造方法がわかるように説明と展示がしてあります。


04.jpeg

また一般的なスーパーマーケットには、お手頃なワインの横に日本酒が並ぶようになりました。
もちろんセール品もあり、家庭で楽しむには程よい値段になっています。


カリフォルニアには美味しいワインがたくさんあります。
そんな中で日本酒が幅広い層の人々に親しんでもらえるようになって来たのは、
日本人としてとてもうれしく感じています。


T・K(アメリカ)
                         
                                  
        

海外生活で驚いたこと

category - 未分類
2013/ 12/ 12
                 
海外で暮していると思わぬ出来事に遭遇することもありますね。

ビックリ、ドッキリ、ヒヤリとした体験はありましたか?

皆さんのレポート、お待ちしています。
                         
                                  
        

シンガポールの常識にビックリ

category - 未分類
2013/ 12/ 05
                 
その1:南国なのにぶるぶる

公共の場はとにかく寒いです。
特にヒドいのは映画館。
10〜15℃位に設定されているのか、2時間座っていると凍えます。
(ちなみにシンガポールの気温は年間を通じて30℃前後)
映画に行く時には靴下、長袖厚手の羽織りものに加えて膝掛けが必須アイテムです。


その2:タクシー天国

公共の交通機関(=バス、地下鉄)が十分発達し、駅も車内も安全なシンガポールですが、
安くて便利なのが何と言ってもタクシー。
初乗りは約¥200、かなり遠くまで乗っても¥1,000位にしかならなくて、
流しの車両がたくさん走り、すべてメーター料金、チップなしの明朗会計です。
そして、オンコールという呼び出しシステムが発達しています。
携帯電話で現在地の郵便番号とロビーとかA棟などの詳細を入力すると、
予約されたタクシーのナンバーと到着までの予定時間がメールされてきて、
とにかく便利です。


その3:アリ地獄

国をあげて蚊の撲滅に注力しているシンガポール。
週に1回は巨大バルサン(のようなもの)がたかれ、一帯の蚊を駆除しています。
その甲斐あってか日常生活ではそれほど蚊に悩まされることはありません。
(もちろんデング熱は怖いです!)
それよりも神経をつかっていたのが、アリです。
赴任して間もない頃、ほんの10分位台所に置きっぱなしにしたコンビーフ。
戻ってみるとうごめく黒いかたまりと化していて卒倒しそうになりました。
アリの嗅覚と団体行動力、恐るべし。
食品はたとえ短時間であっても放置厳禁、必ず冷蔵庫へ!
これが鉄則です。


その4:甘〜い緑茶

ジャパニーズグリーンティーと書かれたペットボトルのお茶を飲んでビックリ!甘いのです!
色々なメーカーがグリーンティーを出していて、ローカルの方達にとってもポピュラーな
飲み物ですが、ことごとく甘いのです。
初めは奇妙な味だと思いましたが、だんだん慣れてしまい、帰国した今となっては
あの味が懐かしいものです。


その5:何でもかんでもダストシュート

マンションの各戸に備えられているダストシュート。
投入口の大きさは50cm×40cmくらいです。
生ゴミもペットボトルも、壊れたおもちゃも雑誌も新聞も、
とにかくそこを通る大きさなら何でも投げ込み可、もちろん24時間いつでもOK!
分別ゴミに慣れている日本人は、反エコ的な行動に初めは罪悪感にさいなまれます。
しかしお気軽なゴミ捨て行動はすぐに当たり前になってしまい、
帰国後は何かと不自由なゴミ捨てが、苦しくてたまらない状態です…。


K.T(日本)
                         
                                  
        

スイスのスキー宿

category - 未分類
2013/ 12/ 02
                 
フランス滞在中、仲良くなったフランス人とバカンスの話をしているうち、
日本人の観光旅行は何て忙しいのでしょう~と笑われてしまいました。

そこで、彼女に教わったホテルに、夏も冬も1週間程度
(それでも短い!といわれましたが)
滞在してのんびりバカンスを過ごしてみました。

夏は南仏のビーチ、冬は隣国、スイスのスキー場へ。
もともとスキー部出身の夫と私、スキー宿の夜は温泉に入って、
ジャージで鍋をつつくのが定番でした。
さすがにスイスのホテルの夕食にジャージはまずいかもね、
という程度の認識はしていたのですが。。

行ってみると、ビックリ!
みなさん、ちゃんとしたお洋服でディナー
食後はダンスなどしていました。

ski2.jpg

私たち、まさかの為のジャージでない服装一式、
持って行って良かったと胸をなでおろし、毎晩それで過ごしました。

子どもはディナー時には部屋で寝かせて、
廊下に待機しているメイドさん(?)に、何かあったら知らせて、
と声をかけていました。
しかし、クリスマス翌日、息子の2歳の誕生日には一緒に参加して
スペシャルプレートを用意してもらい、フランス料理デビューとなりました。

ski11.png


渡仏間もないころは、フランス式に過ごしてみようと、
ちょっと背伸びしてこんな贅沢なバカンスを過ごしていました。

しかし、しばらくすると、炊飯器持参でコンドミニアムに滞在したり、
やはりあちこち回りたいので駆け足の観光旅行もしたり、
いろいろな楽しみ方をするようになりました。

H.I.(日本)