2013/01/28
2013/01/24
2013/01/06

2013年01月

        

身体にも心にもハーブティー

category - 未分類
2013/ 01/ 28
                 
私は「お茶」全般が大好きですが、今はまっているのは「ハーブティー」です。
稀にカフェインが含まれる物もありますが、
ほとんどがカフェインフリーで夜に飲んでも大丈夫です。
それぞれのハーブに独自の効能があり、組み合わせは自由。
勿論単品で飲んでもOKです。


ハーブ全般にリラックス効果がありますが、効能について少し細かく紹介します。
・集中力をアップさせたいとき
  ペパーミント レモンバーム ローズマリー 
・不安を和らげたいとき
  セントジョンズワート リンデンフラワー ローズ 
・やる気をアップしたいとき
  タイム ペパーミント レモンバーベナ 
・緊張をほぐしたいとき
  パッションフラワー リンデンフラワー レモンバーム
・安眠したいとき
  リンデンフラワー レモンバーム
・花粉症(鼻水 くしゃみを和らげる/のどや鼻の粘膜を強化)
  エキネセア エルダーフラワー ローズヒップ
・花粉症(抗アレルギー作用)
  カモミール・ジャーマン ネトル ペパーミント

それぞれドライハーブを小さじ半分ずつくらいをブレンドしてお湯を注いで3分くらい蒸らしてから
カップに注いで飲みます。

ただ効能といってもお薬ではありませんから、個人差はあります。
身体のコンディションや体質、心の状態によっても作用はかわってきます。
自分が「おいしい!」と思えるようなブレンドで楽しむといいのかなと思います。

「日本ではどこで手に入るの?」というとインターネットでも販売していますし、
最近はデパートなどにハーブティーのお店があり、単品でも講入できます。
既にブレンドしてあって、効能別に売っている物も多いです。

ニューヨークのハーブショップではこんな感じで販売していました。

ハーブティーショップ
             

身体の中にはいるものなので、あまり値段の安すぎるものは不純物が含まれている事も多いらしく、
要注意と専門家の友だちから聞きました。
試飲をさせてくれるところも多いので、
まずは飲んでみて「美味しいな」と思える物から始めてみてはいかがでしょうか。

H.Y(日本)
                         
                                  
        

ハノイのお茶

category - 未分類
2013/ 01/ 24
                 
コーヒーのイメージが強いベトナムですが、お茶も、ちょっと酸味のあるベトナム茶をはじめ、
ハス茶やジャスミンティなどたくさんの種類があります。
日本人に人気のお土産がハス茶で、ハノイ旧市街の店にはこんなあやしい日本語の看板も。

お茶2

お茶3


市場に行くと、ハイビスカスティのもとが、ごろんと売っています。
花弁をバラしてお湯にいれるそうですが、
形が楽しいのでそのままカップに入れてお湯を注いでみました。
あっという間にルビー色が出て、いい香りでした。

お茶1

ハイビスカスティはクエン酸の効果で、疲労回復や風邪、のどにいいそうです。
が、それよりも鮮やかな色と香りに癒されました。


Y.T(ベトナム)
                         
                                  
        

年末年始の過ごし方

category - 未分類
2013/ 01/ 16
                 
皆さんは年末年始をどのようにお過ごしになりますか?

その地での、とっておきの過ごし方を是非お寄せください。

ごく日常的な過ごし方でも大歓迎です。

皆さんの、楽しいレポートをお待ちしています。

                         
                                  
        

ルーマニア日本人会の年末行事

category - 未分類
2013/ 01/ 15
                 
ルーマニアのブカレストに滞在していた頃のお話です。

その当時、邦人駐在員は大変少なく、全部で30世帯ほどでした。

そんな小さな日本人社会でしたが、数多くあった行事の中でも思い出深いのは、
年末にホテルの会場を貸し切って行われる日本人会主催の「忘年会」です。

「忘年会」の一番の目玉は、「新人芸」。
同年に引っ越して来た新入り駐在員家族全員が、余興で芸を披露する慣わしになっていました。

新人家族は子どもも含め10月初旬頃より毎週末日本人学校内に集まり、
新人芸の企画をし、練習を重ね当日に備えます。

私共の代は、欽ちゃんの仮装大賞に似たものをやろうと言う声が上がり、
小道具を造ったり振り付けや台詞を考え、音楽を選択したりして準備を進めました。
まるで文化祭のようで、学生に戻ったかのようにワクワクしたのを覚えています。

当日の内容についてはここでは触れませんが、余興は大成功、子ども達も大喜びでした。

小さい日本人社会ならではの、貴重な想い出の1シーンとなっています。


S.N(日本)

                         
                                  
        

パキスタンの年末年始

category - 未分類
2013/ 01/ 11
                 
パキスタンはイスラム教の国です。
クリスマス、新年といって特別なことは何もありません。

ラマダンと言って断食月が終了した後のおまつり(イド)が
日本でいうお盆とお正月を一緒にしたような、にぎやかなものでした。
太陰暦で行われるので、毎年少しづつ日程が変わります。

私がパキスタンにいた時は、ラマダンが暑い夏にあたっていたので
非常につらかったようで、終わった後のイドのまつりがとっても
活気があったのを覚えています。

12月末のわが日本人コミュニティの1大イベントは、各家庭1品ずつ食事を持ち寄り
日本大使館の講堂にあつまることです。
そこでイスラマバード日本人学校補習校の、幼稚園から中学校までの学習発表会を
日本人全員で応援して、そのあと感想を語り合いながらの食事会です。

1980年代初めの首都イスラマバードには、日本人が100人ほどしかいませんでした。
学習発表会だけでなく、運動会、夏祭り、餅つき大会など日本人社会全体で
子どもの成長を見守っていたように思います。


N.T(日本)

                         
                                  
        

日本のお正月

category - 未分類
2013/ 01/ 06
                 
2013年1月1日に日付が変わった直後の表参道の写真です。
渋谷のスクランブル交差点も明治神宮前から表参道の道路も数カ所が
封鎖されていて、いつもと景色が違いました。
若い人たちがお祭り騒ぎで喜んでいる光景をあちらこちらで見かけました。

syogatsu 1

私がアメリカに住んでいたときに経験したカウントダウンは華やかで、
花火があがり、みんなでハグをして喜んでいましたが、
日本のような初日の出を拝む習慣がないのは少し残念でした。


syogatsu 2

こちらは家族で食事に出かけた時にホテルのロビーで写しました。
やはりこのようなお正月飾りを見るとほっとするのは日本人だからなんでしょうね。
海外にお住まいの皆さんに日本の雰囲気を感じていただけたらうれしいです。


T•K(日本)