2011年04月

        

がんばれ日本!(ブラジル)

category - 未分類
2011/ 04/ 20
                 
想像を絶する大惨事、その後に立ちはだかる様々な困難。
そんな中で被災者の方々の、前向きで未来を見つめて立ち向かって
行こうとする姿に、まだまだお手伝い出来る事があるのではと
考える日々です。

ブラジルには150万人超の日系の人々がいらっしゃいます。
あの地震が起きた日からは、どこで遇っても日系の方々からは
日本は、日本にいる親戚はどうされていますかと、尋ねられます。
そして、あの日から各県人会が一斉に各地で様々な募金活動を
行っています。

遠く離れたブラジルの地で、1世のご高齢の方をはじめ、2、3、4世
といった若い日系の方々はブラジル人と共に何かお力になりたいと願い、
復興を祈ってくれています。

S.Y.(サンパウロ)

                         
                                  
        

がんばれ日本!(タイ)

category - 未分類
2011/ 04/ 14
                 
タイではスマトラ沖地震の時に日本から援助してもらった経験から、
今回は日本のために力になりたいと、さまざまな活動を始めました。

バンコクのインター校では、12年生の日本人の子どもたちがミサンガと募金箱をもって
校内を巡り、販売によって募金を集めるfundraisingと、募金を集めるdonationの
二本立ての活動を行っています。
それを受けて、保護者会でも子どもたちの活動を援助しています。

小学校では、保護者が折り鶴の作り方を10バーツで教えています。
それがそのまま募金になります。

町中では、日本人所属の店に募金箱が置かれたり、チャリティーマラソンの企画が
あったり、支援物資の毛布やタオルを集めたりしていました。

バンコクでも地震や津波で悲しい思いをした人が大勢います。
小さな力でも、東北の方々の励ましになればと祈るばかりです。

K.I.(バンコク)
                         
                                  
        

がんばれ日本!(ニュージーランド)

category - 未分類
2011/ 04/ 07
                 
日本の地震による被害は想像を絶するものでありそれに加え、
まだ放射能漏れなどの深刻な事態が続いていると思うと胸が痛みます。

そんな日本の被災者の方たちのためにウエリントンでは有志の方たちで
Crane Aid http://craneaid.org/という基金を立ち上げ募金活動を
3/26~4/11まで行っています。
ボランティアで折鶴を折り、募金してくれた方たちに折鶴をお渡しすることと、
日本レストランの売り上げの一部を募金していただくという2本立てで
行っています。
既に$7000集まっているそうです。

私もESLのクラスで募金をお願いしましたが、みなさん日本に同情して下さって
いて快く募金してくださいました。
微力ですが、出来るだけ被災者の方のお力になれたらと思ってみな、
頑張っています。
東京でも余震が続いていたり、飲み水から放射能が出たり、落ち着かない
日々をお過ごしのことと思いますが、ここ一時のことと思います。

どうぞ皆様、お心お健やかにお過ごしください。

R.I.(ウェリントン)
                         
                                  
        

がんばれ日本!(イギリス)

category - 未分類
2011/ 04/ 03
                 
未曾有の大惨事の中、皆様大変困難な毎日をお過ごしのこととお察しします。
揺れで不安な毎日に輪をかけて、計画停電、買占め、ほかにも、海外にいる
私たちにはわからない困難、不安がおありのことでしょう。

ずっとテレビやインターネットで悲惨な光景を見続けていて、気持ちが沈みがちで
何もしたくない状況になっていますが、元気な者は、しっかり口角をあげて、
未来を信じて、立ち上がっていかないといけないんですよね。
ロンドンで今後、何ができるか、何をすべきか、ずっとずっと考えています。
募金以外にも何かしらしていきたい、と思っています。

しっかりと、これから私たちは日本の大惨事、国事にしっかり立ち向かい、
若者たちは特に気持ちを引き締めて、必ず復興していけるように、活躍して
いってもらいたいです。日本人は戦後、目覚しい復興をした稀有な国民ですから、
必ず今回も立ち上がって立ち直していけるにはずです。

何か私たちの出来ることがあればいつでも言ってくださいね。
母はいつでもできるだけ笑顔で!
一緒にがんばりましょう!

K.I.(ロンドン)