2018/05/27
2018/05/01
2018/03/12
2017/12/01
2017/11/20
2017/08/08
2017/07/04
2017/05/01
2017/03/17

ヨーロッパ

        

ノルウェーの憲法記念日と高校生

category - ヨーロッパ
2018/ 05/ 27
                 
517日はノルウェーで憲法が制定された憲法記念日で、この日が建国記念の日とされています。
ノルウェイ建国記念パレード1
この日はオスロの王宮に向かって、地域ごとの民族衣装を着た子供達がパレードを行います。
ノルウェイ建国記念パレード2
王宮に向かう道は多くの人たちでごった返していましたが、パレードの雰囲気を見ていると、ノルウェー王室の人気の高さを感じることができました。
ノルウェイ建国記念パレード3

またこの時期は高校卒業を祝う日にもなっているため、カラフルなオーバーオールを着た学生を見かけます。

赤は普通科、黒は工業科、青は商業科、緑は農業科の生徒で、4半ばから5/17のナショナルデーまでの期間、この格好で過ごします。

ノルウェイ高校生

彼らは「russ」ルスと呼ばれ、お酒を飲んで騒いで羽目を外しても、この時期だけは保護者も学校も大目に見ると言われています。

オスロのあたりでは赤色の生徒が派手な行動をするようで、裕福な家庭では派手なペイントを施した「russ bus」がプレゼントされて、バスの中で大騒ぎをしています。

そして建国記念パレードの最後を飾るのが「russ」の集団。

王宮テラスで国民に手を振る王室ご一家の前をこの格好のままで通り、テレビでも中継されているそうです。

これは古くから続く風習だそうですが、近年は社会問題化しているとのこと。

ところ変われば・・・と言いますが、同世代の子供を持つ私にとって、久しぶりに驚いた出来事でした。

 



                         
                                  
        

オランダ キューケンホフ公園

category - ヨーロッパ
2018/ 05/ 01
                 

2013キューケンホフ公園エントランス

チューリップで有名なキューケンホフ公園は、毎年3月下旬から5月下旬の2ヶ月しかオープンしていませんが、この短い期間に世界中から観光客が訪れます。

 

2013キューケンホフ公園2

アムステルダム南西のリセという街にあり、32万㎡もの広大な敷地には4つのパビリオンがあり、700万株以上の植物が植えられています。

 

2013キューケンホフ公園8

チューリップを中心にヒヤシンス、スイセン、アイリス、バラ、ユリなど多くの種類の花が彩り鮮やかに咲いている、世界最大規模のフラワーパークです。

 

2013キューケンホフ公園7

公園には毎年テーマがあり、イギリスがテーマだった時はビッグベンをチューリップなどの植え込みで表現していました。

 

2013キューケンホフ公園5

園内には温室をはじめ、1時間ほどで水路を周遊するボートやフードコートなどもあり、子供からお年寄りまで一日中楽しめます。

2013キューケンホフ公園10  

キャンピングカーも駐車できるとても大きな駐車場があるので、私は車で行きました。

駐車場の近くにはチューリップを育てている畑が一面に広がっており、その景 色はまるでチューリップのカーペットのようでした。

2013キューケンホフ公園1

 

スキポール空港から直行バスも出ていますし、日本からは開園シーズンに合わせたツアーもあり、少し足を伸ばせばゴッホ美術館やマウリッツハイス美術館、キンデルダイク風車群、デルフト焼の工房もあります。

キューケンホフ公園で色とりどりの花に囲まれて、春の日をのんびりと過ごすのはいかがでしょうか。

午後からはかなり混雑しますので、ゆっくり見るならなるべく早い時間から行くことをお勧めします。

                         
                                  
        

ベルギーのショッピングモール

category - ヨーロッパ
2018/ 03/ 12
                 
Wijnegem shopping center1
ベルギーの自宅から車で1時間弱のところに大きなショッピングセンターがあります。
Wijnegem shopping center2

駐車場に車を停める時、ベルギーではタイムカードを置きます。

車に戻ってくる時間を示して、ダッシュボードの上に載せます。

特に路上駐車をする場合は、タイムカードを載せていないと違反切符を切られてしまうので要注意です。

Wijnegem shopping center3

屋上の駐車場からエスカレーターで降りてくると、掃除機があるのにビックリ!

Wijnegem shopping center4

降りてからよく見てみると、トリックアートのシールでした。

よじれたコードとコンセントをさしてあるところまでシールとは、芸の細かさに笑ってしまいました。

Wijnegem shopping center5

エスカレーターに乗るたびに面白いトリックアートがあり、次は何があるのかワクワクしました。

Wijnegem shopping center6

モールには子供達が遊べるところもたくさんあり、家族で一日中楽しめます。

Wijnegem shopping center7

アメリカにも同じようなショッピングセンターがたくさんありますが、晴れの日が少ないヨーロッパでは、光を取り入れた広場や吹き抜けを多く見かけます。

Wijnegem shopping center8

寒い冬でもぽかぽかとくつろげる空間を演出しているので、買い物や食事だけでなく、休日の憩いの場になっています。

 

 

                         
                                  
        

ヘルシンキのクリスマスマーケット 

category - ヨーロッパ
2017/ 12/ 01
                 
ヘルシンキ クリスマスマーケット1
白亜の外観と、緑色のドームが印象的なヘルシンキ大聖堂のすぐそば、元老院広場で毎年クリスマスマーケットが開催され、ヘルシンキの中で一番古くから行われているようです。

一時期は他の場所で開催されていましたが、ここ数年で元老院広場に戻ってきたそうです。

ヘルシンキ クリスマスマーケット2

クリスマスのオーナメントや地元の食材などあらゆるもの売るお店がたくさんありました。

アーモンドなどを入れたホットワインは有名で、子供用にはノンアルコールのものが売られています。

ヘルシンキ クリスマスマーケット3

広場の中央には子供達が無料で遊べるメリーゴーランドもあり、行例ができて賑わっていました。

マーケット内にはサンタクロースがいて、気軽に写真に応じてくれるそうです。

ヘルシンキ クリスマスマーケット4

この日は雪が降っていませんでしたが、とても寒かったです(^_^;)

もう少しすると、真っ白な雪に覆われた中にクリスマスのイルミネーションが映える光景に変わるのだそうです。

 

市内のデパートも、シンプルなライトアップがおしゃれでした。

ヘルシンキ デパート

空港内のムーミンショップでもクリスマスの飾り付けがしてあり、観光客で賑わっていました。

ヘルシンキ空港内

12月のフィンランドは氷点下の寒さになり、午後3時過ぎには薄暗くなってしまいますが、歴史を感じる古い街並と北欧の美しいクリスマスの雰囲気が伝われば嬉しいです。


                         
                                  
        

べルリン州立バレエ学校『Staatliche Ballettschule Berlin』

category - ヨーロッパ
2017/ 11/ 20
                 

 べルリン州には日本の視点でみるとちょっと変わった公立学校があります。

 先日そんな学校の一つである州立バレエ学校「Staatliche Ballettschule Berlin」を見学する機会に恵まれましたのでご紹介します。


ベルリン学校


 この学校は小学校4年間終了後の5年生(5 Klasse)から9年間、一般的な教育とともに職業教育を受ける事が出来る学校の一つで「das berufliche Gymnasium」とよばれています。卒業時には、国が認めた舞台ダンサー資格「Staatlich geprüfte/r Bühnentänzer/in」や大学受験資格「Abitur」を取得することができます。最後の3年間は併設されている舞台専門のErnst Busch芸術大学に通い学士の資格を取得することもできるそうです。つまり、生徒たちは、バレエ及びダンス・舞台芸術など舞台に関する理論と実践を総括的に学ぶ他、数学・歴史・科学という通常科目も含め多岐にわたる教育を受けています。

 

 その昔ドイツでは小学校終了時に将来の教育進路を決めなければならなかったようですが、これには人生の進路を決断するには早すぎると批判があったようで、最近は教育進路の柔軟性が増してきました。しかしこのことは、生徒にとっては多様な科目を学ばなければならず、学校側にとってはバレエのように成績をつけることに意味があるのか疑問の科目であっても成績をつけなければならないという新たな矛盾?にも直面しているようでした。


 バレエ学校はべルリン州立ですから他の州立校同様に授業料はもちろん無料です。また、消耗品であるバレエシューズや衣装なども支給されるそうです。様々な演目に対応した舞台衣装や、異なるダンスの靴などが巨大な衣装庫に整然とならんでおり、毎回きれいにクリーニングしているということで、こうした備品の維持管理費用も大変ではないかと想像しますが、全て学校が負担しているそうです。生徒が負担する費用は、寄宿舎に入った場合の寮費や食事などの個人的な生活にかかる実費のみですから、バレエを学びたい子どもにとっては喜ばしい環境でしょう。

 

 こんな環境の整った学校にはさぞかし入学志願者が殺到するのではないかと思うのですが、実態はよくわかりません。そもそも、入学志願者自身が適正な時に入学できればいいと思っているらしく、入試倍率なぞ出す意味がないようです。最初の学年、5年生から入学するには、年4回実施されている入学適性テスト(Eignungstests)を受ける必要があります。それ以降の編入(6 10 Klass)は、踊りのビデオを送りその後の手続について連絡を待つようです。実際に入学する学年は年齢というより入学時のレベルにより適切な学年に振り分けられるそうですが、クラスサイズは、28人を超える事のないようにしているそうです。生徒の国籍は多様ですが、授業は全てドイツ語で実施されるそうです。


 日本人の生徒は、現在約10名ほど在籍しており、EU圏外の生徒としてはブラジル等に続き多い国籍だそうです。現在日本人の指導者が2名いることが影響しているのかもしれません。日本からの入学は、義務教育を終了してから来ることが多いそうですが、13歳の生徒さんもおり、若い頃から海外の地で本格的なバレエを学ぶ人がいることに驚きました。そして、州立学校でありながら私立学校のように短期間のコースや入学までの準備コースを有料で提供していたり、日本の概念があてはまならいユニークな学校です。国境や言葉の壁を越え自ら選択肢を広げている子ども達がとても頼もしくみえました。



                         
                                  
        

ベルリン州の学校教育における外国語としての日本語学習

category - ヨーロッパ
2017/ 08/ 28
                 

べルリンの夏は、夏至を中心とした23ヶ月。湿気が少なく爽やかな暑さと、日没が夜10時近くと夕食後もまだ明るいため戸外で過ごす事が楽しくなる時期です。8月の声を聞くと「秋がやって来た!」と感じるようになり、学童期のお子さんがいるご家庭ではそろそろ新学年(学期)の準備が気になり始める頃です。ひょんなことからべルリン州の公立小学校で行われている日本語の授業をお手伝いする機会を得たため、今回はべルリン州の学校教育における日本語教育事情についてお伝え致します。

 

<求む!日本語授業の助手>

公立小学校で日本語の授業を手伝ってくれる日本人を捜しているという話が伝わってきました。担当の方が急遽引っ越されるという事で、「私でもできることならば!」と喜んで手伝いを申し出て、早速Nelson Mandela Schuleに伺いました。同校は小学校から高校までの生徒たちが、英語とドイツ語のバイリンガル教育を受けている公立学校です。公立校が小中高一貫教育でかつバイリンガル、しかも無償なんて日本では聞いた事がありませんが、ここはべルリン,,,公立学校といえども学校ごとに様々な教育スタイルが存在しています。校内のサインはもとよりドイツ語と英語の2カ国語が飛び交う様子に、ドイツ語の苦手な私は少しホットしました。放課後クラブで日本語を担当するのは、昔日本語を学んだという日本が大好きなゴシン先生。日本語というマイナー言語が任意授業として行われている理由は、この先生の意向による所が大きいようです。最近子どもの数が急増し教員不足が深刻なべルリンですので、先生方は常に忙しそうですが、ゴシン先生自身が日本語授業を楽しんでおり、これが生徒たちにとてもいい影響を与えています。週一回1時間半の日本語授業に来る生徒は、5年生2名、6年生9名の計11人。2学年が混在しているため幼なさを残した子どもから既に大人びたティーンが同席するクラスは小学校の教室というよりは、近隣の子供会のような雰囲気です。ゴシン先生が補助員である私に期待しているのは、自然な日本語の話し方を子どもに聞かせることと、言語学習に併せて日本の文化や歴史、そして本やインターネットだけでは知る事ができない生きた情報を子どもたちに届けることでした。ゴシン先生の提案するシラバスにそって、会話スクリプトや教材を作成したり、学習要点に関連する文化や歴史の話を提案したり、毎回先生と一緒にどうやって子どもたちを楽しませようかな?と頭を捻ります。浴衣を持参してみたり、いなり寿司をつくってみたり、折り紙を用意したり、ペン習字をしてみたり、絵本を持ち込んだりと、かなり自由に授業を作り上げる事ができ、とても楽しい経験をさせていただきました(尚、残念ながら2年間実施されていた日本語クラスは教員不足のため20179月から一時休止することになりました)。

<べルリンの外国語教育の中の日本語>

べルリン州の公立学校では、小学校3年生から外国語の必修授業が始まります。べルリン州が珍しいと私が思うのは、必修は第一外国語(英語または仏語)のみですが、第二又は第三・第四外国語として様々な外国語授業があることです。教育行政発行パンフレットには、語学の知識を広げる事が子どもたちの将来の選択肢の幅を広げることになるとして推奨されています。その昔壁があった頃には、米英仏露に分割統治され、歴史的にはイタリアからの移民受け入れに始まりトルコ、最近ではシリア難民受入と日常生活が多言語にならざる得ない背景があるからでしょうか。古典的な外国語であるラテン語、古代ギリシャ語の他、イタリア語、トルコ語、ロシア語、スペイン語、オランダ語、ポルトガル語、ポーランド語、中国語とバラエティに富む選択肢の中に日本語も入っています。限られた学校でしか選択できない日本語ですが、以下現在日本語を学ぶ事が出来ると確認できた学校を示しておきます(表1)。 

Tagesspiegel新聞によれば、2009年当時日本語を公立学校で学んでいる子ども達は約200人程度だったとか。現在増えているのか減っているのかわかりませんが、マイナー外国語であることには変わりなく。それでも、意外に日本文化に興味を持っている方が多いと感じるここべルリン。しかもかなりの凝り性な方々が多い印象です。日本語を学びたいと思う方がいる限り、微力ながらその学びを手伝って行けたら嬉しいと思う私です。

1:べルリン州で日本語教育を実施している学校

学校名

(Ortsteil),(Bezirk)

内容

Felix-Mendelssohn-Bartholdy-Gymnasium

Prenzlauerberg, Pankow

第三外国語として8年生から選択可。

Hildegard-Wegscheider-Gymnasium

Grunewald, Charlottenburg-Wilmersdorf

第三外国語として8年生から選択可。10年生には姉妹校と交換留学の機会あり。(以下姉妹校)

武蔵中学校高等学,実践学園中学校高等学校

1987年から日本語教育実施。

Melanchthon-Gymnasium

Hellersdorf, Marzahn-Hellersdor

7年生から放課後クラブ(Arbeitsgemeinschaft)で学習可。9,10年生は選択科目、11,12年生で高校卒業資格試験(Abiture)科目として選択可。

Gustav-Heinemann-Gesamtschule

(Sekundarschule)

Marienfelde, Tempelhof-Schöneberg

第二外国語として5年生から選択可。

日本語教育の30年の歴史を持つ。

Canisius-Kolleg

(Privat Gymnasium)

Tiergarten, Mitte

9年生から放課後クラブで第四外国語として学習可。11年生から高校卒業資格試験科目として選択可。

東京都立小山台高等学校と夏期交換留学プログラムがある。毎回約10名参加可能。

                         
                                  
        

ノルウェーフィヨルドツアー

category - ヨーロッパ
2017/ 08/ 08
                 
ノルウェーベルゲンから、フィヨルドツアーに参加しました。
ベルゲンの駅から、列車とバスを乗り継いで、フェリーに乗り換えます。
フェリーは、フィヨルドの谷底を流れる川を進みます。
norway10808
川沿いにはところどころ小さな集落が見え、その景色はまるで絵本のようです。
山の上からは雪解け水が流れ、幾筋もの滝ができています。
norway20808フェリーの後は、再び、列車に乗り換えます。
今度はフロム山岳鉄道という、世界中から鉄道ファンが訪れる観光列車です。
norway30808 車内はクラシックな作りです。
norway40806列車は、フィヨルドの谷底から、山の上へと登ります。
山の上には、たくさんの雪が残っています。
今年は暖冬だったらしく、例年よりも残雪は少ないそうです。
norway50806
北欧の自然はスケールが大きく、圧倒されてしまいます。
写真では、その雄大さを伝えられないところが、とても残念です。
蒸し暑い日本の夏とは異なり、とても爽やかな、北欧の初夏でした。

                         
                                  
        

ロンドンの地下鉄  ベイカー・ストリート駅

category - ヨーロッパ
2017/ 07/ 04
                 
London1.jpg

ロンドンの地下はわかり易いのでよく利用していましたが、特にベイカー・ストリート駅は凝った造りで印象的でした。

London2.jpg

ベイカー・ストリート駅には5路線が乗り入れていますが、その中のBakerloo Lineのホームには、シャーロックホームズのシルエットがタイルで貼ってあります。

近くに寄ってみると、ミニサイズのホームズが!

London3.jpg また、小説のひとコマが描いてあるところも。

London4.jpg

地上に向かうコンコースには、カラフルな色でデザインされたホームズのタイルがいたるところに貼ってあります。

London5.jpg

他の路線のホームは昔ながらの古い造りで、こちらも趣があります。

London6.jpg

そして地上に上がると、パイプをくわえたホームズ像が出迎えてくれます。

最近は不穏なニュースが多いロンドンですが、細部にこだわった素敵な街ですので、近くに行かれた折にはベイカー・ストリート駅にも立ち寄ってみてはいかがでしょうか。

                         
                                  
        

ベルリン州で今強いスポーツはバレーボール!

category - ヨーロッパ
2017/ 05/ 01
                 

 ドイツでスポーツと言えば、多くの日本人選手が活躍するサッカーのブンデスリーガを思い浮かべる方が多いと思いますが、ドイツで盛んなスポーツは他にもいろいろあります。ベルリンで、今すごい成績を出しているのが、昨シーズン、3タイトル(DVV[1]-PokalVBL[2]CEV[3]-Pokal)を一挙に勝ち取ったBerlin Recycling VolleysBRV)のチームです。Berlin05011

                   選手たちが登場する様子


 プロのバレーボールなんて日本でも観戦したことはありませんでした。ですので、比較する対象はないのですが、欧州のプロバレーは、一言で言うとエンターテイメントです。世界有数の強豪クラブがひしめきエキサイティングな試合を展開するだけでなく、チームのファンでなくとも十分楽しめる工夫が凝らされたイベントになっています。選手たちは炎と煙でつくられたトンネルからテーマソングと共に一人ずつ登場し、ゲーム間にはチアリーダーが登場!週末の試合であれば、子どもたちが楽しめるアトラクションもあり、思いのほか楽しく何度も観戦するうちにすっかりチームサポーターになりました。


 そもそも、BRVチームを観戦するようになったきっかけのひとつは、スタッフに日本人がいたことがありました。Co-Trainer(副監督)の真保綱一郎氏(堺ブレイザーズ現監督)は、まだチームが荒削りだった昨シーズンはじめから新監督のRoberto Serniotti氏の元で監督業を学ぶため単身べルリンにやってきました。日本人とイタリア人監督が率いるドイツのバレーボールチームとは、、、どこかで聞いた事のあるような組合わせですが、この興味深い日独伊連合チームは素晴らしい成果を残しました。新監督率いるBRVは、シーズン当初は正直冴えないチームだと思っていましたが、試合を重ねるうちに驚くほど変化し、シーズン終了時には、3タイトルを一挙に取るという偉業を成し遂げてしまいました。BRVは、これまでもタイトルを取ることはありましたが、継続してタイトルを取る程強いチームでもなく、ましてや1シーズンに複数のタイトルと勝ち取るということは一度もありません。昨シーズン終了時には、BRVの活躍やテレビのプレミアタイムニュースで取り上げられる事となり、突然選手たちはテレビに出演するようになりました。


 昨年スター選手達が高額の契約金で引き抜かれ、今シーズンは若いチームとなりましたがなかなか良い成績を出しています。DVV-Pokalは逃したもの、昨年同様VBLは決勝に残りました。現在Friedrichshafenと優勝争いをしています(VBLサイト)。また、CEV-Pokalから昇格したCEV Champions Leagueでも、先日強豪のモスクワチーム(Dynamo Moskau)をやぶり欧州最強の4チームとなりました。今月末(42930日)、優勝をかけた試合がローマで行われます(CEV-Champions Leagueサイト)。欧州バレーはインターネットサイトで無料観戦できるため、ホームゲーム以外でも簡単に試合観戦ができることも人気がある理由のひとつでしょうか。さて、今シーズンも後わずか、どのような結果になるのか楽しみです。


Berlin05012

                    VBLの準決勝戦の様子




[1] DVV (Deutscher Volleyball Verband)ドイツバレーボールクラブ

[2] VBL (Volleyball BundesLiga))バレーボール全独リーグ

[3] CEV (Confederation European Volleyball)欧州バレーボール

                         
                                  
        

St Patrick’s Day

category - ヨーロッパ
2017/ 03/ 17
                 

毎年317日はカトリックの祭日、

セントパトリックスデーです。

アイルランドにキリスト教を広めた聖人・聖パトリックスの命日で、春の到来を祝う祝祭日です。


Saint Patricks Day Welcome board


アイルランドは緑が多く「エメラルド色の島」と呼ばれ、三位一体を意味する三つ葉のシャムロック(クローバー)の飾りをつける風習があるといわれています。(諸説あります)


St Patricks Day 2


また緑色の帽子も代表的なモチーフで、これはいたずら好きな妖精レプラコーンの帽子を意味しています。

アメリカの現地校では、この日は洋服の一部に緑色が入っていないと「レプラコーンにつねられる!」と言われ、我が子たちも緑色の洋服を着て行きました。


St Patricks Day Cookie 1


そしてクラスマザーが中心となって、緑色のお菓子を用意してクラスパーティを開きます。

日本ではあまり見かけない色のお菓子に驚きながらも、アイルランドの文化や風習を学ぶ良い機会になりました。

日本では表参道でアイルランド大使館などが後援するパレードがありますので、機会がありましたらご覧になってみてはいかがでしょうか。