fc2ブログ
2024/02/01
2024/01/09
2023/12/22
2023/12/01
2023/11/01

Recent Post

        

ハノイへの里帰り

category - アジア
2024/ 02/ 01
                 

昨夏の家族旅行で、本帰国してから実に11年ぶりにハノイに行ってきました。


北村さんハノイ1


当時住んでいたタイ湖畔は近代的な高層アパートの建設がますます進んでいました。


北村さんハノイ2


町の中心部には見上げんばかりの超高層ビルもできていて、「ここは私達の知っているハノイではない!」と大興奮の私達。


北村さんハノイ3


当時はなかったスターバックス!住んでいたアパートの近所に出店していて感無量。


北村さんハノイ4


一方で、電線や道路工事の様子や道の凸凹具合など、当時と変わっていないところもたくさんあり、妙に安堵したり。


北村さんハノイ5


アパート真下の大好きなブンチャー(ベトナムの麺料理)専門のローカル店も健在!


北村さんハノイ6


娘達が通っていたインターナショナルスクール。


北村さんハノイ7


当時お世話になった先生が新校舎などを案内してくださいました。


北村さんハノイ8


こちらは11年前の本帰国直前の娘達。


北村さんハノイ9


娘達にとって第二の故郷とも言えるハノイ。

これからもどんどん近代化が進み、便利になっていくと思いますが、私達の知っている「ハノイらしさ」も残り続けてほしいと思った里帰り旅行でした。

                         
                                  
        

インド・ムンバイへの出張

category - アジア
2024/ 01/ 09
                 
ムンバイのインド門2023

コロナ禍でずっと延期になっていたインドへの出張がやっと実現し、久しぶりにムンバイへ行ってきました。


Mumbai3.jpg


インドはスズキの車が多く、バイクはホンダがたくさん走っています。

しかし大渋滞とマナーの悪さは、相変わらずでした。

 

Mumbai5.jpg


バイクなどは平気で逆走をするので、車に乗っていてもヒヤヒヤします。


Mumbai4.jpg


車線はほぼ無視されています(^^;;


Mumbai8.jpg


近代的なビルやショッピングモールもありますが・・・


Mumbai6.jpg


そうではない地域もすぐ近くにあり、海外ではよくあることです。


タージマハルホテル2023


インド最大の都市であるムンバイも、インフラなどはまだ発展途上にあります。

現地の駐在員から生活面での苦労話をいろいろと聞きましたが、物事を前向きに捉えて、家族で頑張っている姿に少し安堵して帰国しました。




                         
                                  
        

師走の東京

category - アジア
2023/ 12/ 22
                 

今年の春にコロナが5類に引き下げられて以降、多くの人が外出するようになりました。


麻布台ヒルズ_東京タワー1


11月下旬にオープンした東京の麻布台ヒルズでは、33階のレストランから東京タワーを同じ目線で眺めることができ、とても素晴らしい景色でした。


麻布台ヒルズ1


エントランス付近にあるクリスマスマーケットも、ヨーロッパと同じような造りで雰囲気がありました。


KITTEクリスマスツリー2023


都内では11月に入るとクリスマスツリーが飾られ、師走の街はどこも賑わっています。

丸の内界隈では100周年を迎えたディズニーとコラボレーションしたツリーがいくつかあり、写真を撮る親子連れが列をなしていました。


LEXUSクリスマスツリー2023


そしていつも行く車のディーラーにもツリーが・・・

来年は、世界が平和でキラキラと輝くような年になること願っています。

 

                         
                                  
        

晩秋のアメリカ

category - 北米
2023/ 12/ 01
                 

先日、出張でアメリカ・フィラデルフィア州へ行ってきました。


2023晩秋のアメリカ_Phil


紅葉した樹木が青空に映えてとてもきれいでした。


2023芽キャベツのロースト


サンクスギビングデー(感謝祭)の野菜料理として有名な芽キャベツのローストをレストランで食べた時は、家族でアメリカに住んでいた頃を懐かしく思い出しました。


2023フィラデルフィアLovePark1


フィラデルフィア市庁舎近くのLOVE PARKではクリスマスビレッジの準備が始まっていました。


2023フィラデルフィアLovePark2


チョコレートや色とりどりのケーキを見ると、つい買いたくなってしまうのですが、そこはグッと我慢です。


2023フィラデルフィアマーケット


11月第4木曜日の感謝祭が終わり、翌日の金曜日にアフターサンクスギビングセール(ブラックフライデー)でたくさんの買い物をしたら、アメリカの街はクリスマス一色になります。


2023フィラデルフィア市庁舎


フィラデルフィア市庁舎前ではスケートリンクの設営と、ツリートップがLiberty Bellになるクリスマスツリーの準備が進んでいました。


2023Liberty Bell


大急ぎでアメリカ独立記念の「自由の鐘」(Liberty Bell)を見学して、仕事の合間の2時間くらいでしたが晩秋のアメリカを味わってきました。

                         
                                  
        

都会の神社 水天宮

category - アジア
2023/ 11/ 01
                 

2023水天宮1


東京メトロ地下鉄線、水天宮駅を出ると真上に神社があります。

およそ3年をかけて耐震構造の建物に建て替えられて、2016年に新しい社殿になりました。


2023水天宮2


今から25年以上前に私がお参りに行った時とはまったく違い、都会のビルに囲まれた中にあるおしゃれな神社という雰囲気になっていました。


2023水天宮3


水天宮の発祥は、現在の福岡県久留米市。9代目久留米藩主、有馬頼徳が1818年自家で祀っていた水天宮を三田赤羽の上屋敷に分祀したのが、東京の水天宮のはじまりだそうです。


2023水天宮4


戌の日は朝からご祈祷の順番を待つ長い列ができ、現在も安産の神様として信仰を集めています。


2023水天宮5


今も腹帯はありますが、最近の妊婦さんは腹帯を小さい15cm四方にした小布とお守りなどが入ったセットを希望されることが多く、コンパクトに持ち歩けるので好評だそうです。


2023水天宮6


普段は何かの節目や初詣以外は神社を訪れることがありませんが、水天宮の境内は都会の喧騒を忘れるほど静かでした。厳かな気持ちで、安産のご祈祷を受けてきました。